百 日 紅 月 の 光 に 蒼 く 染 む

さるすべり つきのひかりに あおくそむ

サルスベリ。

どこにでもある庭木で、赤みがかったピンクが本流。

たまに白もあるようです。

秋の、みごとな月明かりのもとでは、ピンクがあおになるから不思議です。

見渡せば、石も道も青々としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください