登 り 窯 先 は 稜 線 姫 女 苑

のぼりがま さきはりょうせん ひめじょおん

山が迫る場所にある作業場は、すぐ裏が里山になっています。

細い道と山のあいだに、どうにかこうにか設けられた場所です。

ヒメジョオンはもちろん自生です。

誰も気にかけません。

ですから切られる心配もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください