絽 の 喪 服 折 り 目 手 繰 り て 畳 み た り

ろのもふく おりめたぐりて たたみたり

若い頃、着物の着付け教室に行きました。

もちろん畳み方も習いました。

着る機会がないので、すっかり忘れてしまいました。

ただ父が真夏に死んだので、夏は「ろ」の着物を着るということだけは覚えました。

着物は畳み方もむずかしく、最初はえりの部分を合わせてから畳み始めます。

ウロ覚えでも畳みじわがしっかりついているから、その通りにたたむわけです。

テキトーです。


この句も読まれています。

急 ぎ ま す 木 の 葉 時 雨 を 存 分 に... 木の葉がまるで時雨のように降りそそぐ。 公園の中も傍の道も、今、盛りを過ぎたところか。 ここを抜けるのがいちばん近道。 もともとは松林だったようで、常緑の松はまだあちこちにある。 松食い虫の被害もあって、切り倒したあとに広葉樹を植えたようで、長い年月が経って大きく育ち、松と並ぶか、それを越す背丈にま...
水を打つ 雨を見たさに 車停め 雨が好きです。一年中雨が続けばいい。 洗濯物など乾かなくともいい。街が濡れ、 木々が色を深くし、ふだんは目もくれないため池が 雨にたたかれて、なんとも情緒がある。 まるで水かさが増えているみたい。飽きない。 激しいあめも、しとしとといつ止むともしれない雨も どちらもいい。明日は家中を掃除する。洗濯も...
ご理解と ご協力して 夏を遣る 暑い夏をやり過ごさなければなりません。車の運転も苦痛です。あっぷあっぷです。
パトサイレン 一度唸って(うなって) 山笑う... パトカーのサイレンが、一回だけなった。 経験者だからわかるが、あれは捕まった。 お気の毒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください