異 母 妹 に だ け の 西 瓜 や は し ゃ ぎ 声

あんな想いは、子どもの心をとてつもなく傷つける。
子どもはそれを人に言ったりしない。
長い長い年月が経っても、あの胸の重苦しさは忘れようがない。
あいつはすっかり忘れている。
そんなものだろう。
運命というものなのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください