田 舎 町 献 血 御 礼 寒 卵

いなかまち けんけつおんれい かんたまご

献血すると、たいていはジュースが配られます。

念入りなところでは、ダイズやひじきを炊いたものが、小さなアルミホイルの容器で振舞われたりすることもあります。

住宅地の真ん中で行われた献血では、たまごが1パックづつ配られたことがあり、ちょっとびっくりでした。

けっこう喜ばれていました。

この句も読まれています。

ともかくも 冬芽牡丹の 背中押す この寒空のした、誰彼も凍えているというのに、庭の隅に牡丹の赤い芽を見つけた。確実にしっかりとした芽。何度も雪をかぶるだろうこの季節にも、着々と春は近づいているらしい。とりあえず今日もなんとか過ぎた、この繰り返しが人生だろう。芽が出るやら、根腐れするやらわからないけど、今日もなんとか頑張った。...
寒雲の どこまで空か 海荒れて 一面の冬の雲、灰色の海は波荒く、うねるようで恐ろしい。 いつもなら見えるはずの小島も見えず、たたきつける波のしぶきだけ白い。 冬の海は見ていて、すごい、飽きない。...
秋 の 陽 や 藤 椅 子 飴 色 遠 き 山 あきのひや とういすあめいろ とおきやま 長かったそして、とても暑かった夏が過ぎ、縁側に置いていた藤のイスは、いつの間にか日焼けして色を変え、空気が澄んできたのか、気温が下がったからそんな気がするのか、遠くの山々はくっきりとその輪郭をあらわします。...
冬ざれて 少しの水の 川の淵 冷たい北風が吹く。 雪なのか、時には霙なのか、空は重く低い。 顔を上げては歩けない。 川は、上流のダムのせいなのか、土砂が多い。 その土砂に、もうしっかりと草木が育ち、水は、遠慮がちに迂回して行く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください