田 舎 町 献 血 御 礼 寒 卵

いなかまち けんけつおんれい かんたまご

献血すると、たいていはジュースが配られます。

念入りなところでは、ダイズやひじきを炊いたものが、小さなアルミホイルの容器で振舞われたりすることもあります。

住宅地の真ん中で行われた献血では、たまごが1パックづつ配られたことがあり、ちょっとびっくりでした。

けっこう喜ばれていました。

この句も読まれています。

ずれずれの 福笑いままの 顔のあり わたしは妹と仲がとても悪い。 小さい頃から要領のいい妹と、空気の読めないわたしは仲良くできなかった。 まま母に、わたしをチクることで、身の安全を確保した 妹を、わたしは今になっても許すことができない。 おそろしく目の離れた顔をしていた。ほとんど耳の上。 身長のわりに、肩幅が広かったが、顔のでかさはそ...
万 緑 や 隧 道 覆 ひ 尽 く し た り ばんりょくや ずいどうおおい 尽くしたり 金辺隧道(きべずいどう) 北九州市小倉南区から田川郡香春町(かわらまち)をつなぐ、レンガ造りの立派なトンネルです。 崩落の危険のため通れないというわけではなく、ゴミの不法投棄を防ぐための通行止めとは情けないことです。 緑の中に隠れ、知る人ぞ知る存在に...
相 槌 を そ れ だ け で 良 し 冬 の 夜... あいづちを それだけでよし ふゆのよる クリスマスイブだという。 テレビが壊れました。 部品がないかもっていうので、買い換えることにしたのですが、なかなか到着しません。 こんなにもテレビに依存していたのかと呆れる始末。 しょうがないので、手仕事をしながら、プライムビデオとか、撮り溜めていた...
乗 り 換 へ の ホ ー ム を 襲 ふ 春 一 番... のりかえの ほーむをおそう はるいちばん 列車が通り過ぎたときの風圧は激しくて、ホームにいるととても不快に感じます。 さらに春一番の強風です。 最寄りの駅は、もう長く高架工事がなされていて、とても埃っぽいのです。 髪は吹き上げられて、カミナリみたいになるわ、目にゴミは入るわで、大災難です。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください