田植え機の 糸に沿うこと 見惚れ(みほれ)おり

100523_taue_akita
100523_taue_akita / ivva

よおく見て気がついた。まっすぐに田植えするために、糸を張っている。そこまで精密にやるとは思っていなかった。田植え機は、その糸に沿ってまっすぐに進む。稲はきっちりと植わる。少しくらい曲がったっていいじゃないかとも思うけれど。むかしはどうだったのだろう。糸など張らず、人の感だけで植えてたのだろうと想像する。田植え歌も数々ある。楽しみにしなければやってられない。腰に響く。機械化はよかった。

この句も読まれています。

筑 後 川 瓜 の 酒 粕 漬 け 本 番 ちくごがわ うりのさけかすづけ ほんばん 清酒の里。 久留米市城島町。 毎年、若い瓜を収穫し、酒粕に漬け込んでなら漬けが作られます。 一般によく見られる、濃くて赤っぽい茶色の少し甘い奈良漬けとは、ぜんぜん違います。 酒粕の匂いが強く、好みによって、早く上げれば浅い味、古くなればそれなりに濃い味に...
一 面 の 蓮 の 浮 葉 や 空 と 風 いちめんの はすのうきはや そらとかぜ 池というか沼の半分ほどを蓮の葉が占めています。 これから夏に向かって、もっと広がっていくと想像します。 小さかった葉が、驚くほど大きく生長し、お互いに付かず離れず。 激しい雨も、臆することなく、葉の表面全体で受け、つまり水の上にぺったりと浮き、自分と平行に広...
橋 脚 に 大 水 の 跡 持 ち 堪 え きょうきゃくに おおみずのあと もちこたえ 小さな石橋の橋脚に、流木や木の枝や、なんともしれないゴミの類が、引っ掛かったままです。 予想を超える量の山水が押し寄せた跡でしょう。 こんな小さな石橋が、よく持ち堪えたもの。 造りがしっかりしているのでしょう。...
時を見て 思いきりよく クロッカス... いつ植えたのか…クロッカスの紫の花、いつ咲いた。春が来た。私の小さな庭に、知らぬ間に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください