田植え機の 糸に沿うこと 見惚れ(みほれ)おり

100523_taue_akita
100523_taue_akita / ivva

よおく見て気がついた。まっすぐに田植えするために、糸を張っている。そこまで精密にやるとは思っていなかった。田植え機は、その糸に沿ってまっすぐに進む。稲はきっちりと植わる。少しくらい曲がったっていいじゃないかとも思うけれど。むかしはどうだったのだろう。糸など張らず、人の感だけで植えてたのだろうと想像する。田植え歌も数々ある。楽しみにしなければやってられない。腰に響く。機械化はよかった。

この句も読まれています。

滲 み 易 す 梅 雨 の 夜 長 の 一 筆 箋... わたしは生来の悪筆である。 さらさらと見惚れるような、美しい、しかも感じのいい字を書く人が羨ましい。 もっと早く練習していれば、なんとかなったかもしれないけれど、ワープロ、パソコンが、世の中を席捲するようになり、そっちを覚えることに多大な時間と労力を費やすしかなかった。 ただそれではすまないことが、...
メ ー デ ー や む か し 花 笠 振 り 拳... めーでーや むかしはながさ ふりこぶし もう五十年も昔になるでしょうか。 メーデーには、大濠公園で、大きな集会があったものです。 小学生だったわたしは、親に連れられ訳もわからず、舞台に魅入ったものです。 ドンタクみたいな笠を被った人もいたし、えいえいおーと拳を振り上げる団体もいて、面白くもないけれ...
黴 (かび) 臭 き ジェーン エア 出 す 夜 長 か な... もうすっかりセピア色に変色して しまったけれど、捨てられない本 を引っ張り出してみる。遠い若い 日に、あんなに興奮して読み漁っ た小説は、今さら何処か人ごとで ヒースという潅木の広がる荒地や そこを渡る風の強さ、匂い、ドア の軋みや部屋の灯りの暗さばかり に心が行ってしまう。年をとった からだろ...
日 短 か や 胃 瘻 は せ ぬ と 決 め た る も... ひみじかや いろうはせぬと きめたるも 冬の一日があっという間に暮れてしまうのは、なんとももったいない。 冬は夜の長い季節です。 なのになぜ、夜長と言わず短日と言うのでしょう。 ひところは、食べられなくなれば、当然のように胃ろうにしていた病院が、最近では変わりました。 呼吸だけして意識もな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください