田中慎弥の掌劇場 「書いている、読んでいる」毎日新聞8月9日 (日) 12面掲載

わたしは何故か、このひねくれた作家の、ひねくれた心根で書かれた、ひねくれた文体による、ひねくれた文章に惹かれる。
好きで堪らない。
この人、何とは無しに書いているようで、結局苦労づくめの人生だと、わたしは思っている。
何冊か、他人事のように書かれた著書は、おそらく本人の自伝であろうし、今回の自殺に関する一件も、たぶん嘘ではないと察する。
誰かの為を思って書いた文字は一字もなく、ちっぽけな恐怖心のために、死ねないでいると。
人は自分の為にしか生きないと言う。
自殺を思いとどまらせる為に、幾千の、思いやりの塊のような人、そして専門家が、貴方がこの世に存在することの意義を、必要性を説く。
死ねば、どんなに周りの人間が悲しむか考えよと説く。
鬱陶しい。
やっと死んでくれたかと思う身内も確かにいるだろうに。
なんで言ってくれなかったかと、嘆いて見せて、翌日の予定は、変更なくこなす。
人間なんてそんなもの。
かけがえなない貴方なんて、反吐が出るほど嘘くさい。
田中慎弥という人間は、この上なく優しい。
慰めも励ましもしないけれど、今、死にたい貴方の気持ちをいちばん理解する人だと思う。
嘘だと思ったら、ちょっとだけ読んでほしい。
ほんの短い、エッセイだから。

この句も読まれています。

雛人形 幸多かれと 願うたに 初めてのひな祭り、幸せになりますように 人に愛されるように… 祖父母は祈りをこめて、親たちは未来を夢見、 でもなぜか思うようにはいかず、 つまづいたり転んだり、傷ついたり、 死にたくなったり、おひなさまは あんまり助けてはくれないみたい。...
子 パ ン ダ の ひ と り 立 ち か な 山 眠 る... こぱんだの ひとりだちかな やまねむる ネズミのようなパンダの赤ちゃんが成長していくサマがテレビに毎日映し出され、日本中がその愛らしさに魅了されたのもこの頃の話ながら、動物の世界では、親が子離れ、子が親離れするときがやってきました。 愛らしさはたくましさに変わり、季節は過ぎて、年が明けました。 ...
なまこ切る こりこりと食う 切りながら... 行儀が悪いというか、いやしいというか なまこは見かけによらず、美味しい。 切りにくいので、神経を集中して、一生懸命切る。 時間がかかる。切り終えるのを待ちきれなくて、 ちょこっと味見をする。 一度味見をすると、 またする。 切り終えるころには、半分になっている。...
宅 地 よ く 売 れ し 冬 ざ れ 吉 野 ヶ 里... たくちよく うれしふゆざれ よしのがり 弥生時代の広大な遺跡が発見された吉野ヶ里。 発見した功労者が、雷に打たれて亡くなるという悲惨なこともありました。 当時、田んぼしかない田舎町だったところは、今佐賀市と鳥栖市の中間に位置していることに目をつけられ、ベッドタウンとして急速に宅地化が進んでいま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください