田中慎弥の掌劇場 「書いている、読んでいる」毎日新聞8月9日 (日) 12面掲載

わたしは何故か、このひねくれた作家の、ひねくれた心根で書かれた、ひねくれた文体による、ひねくれた文章に惹かれる。
好きで堪らない。
この人、何とは無しに書いているようで、結局苦労づくめの人生だと、わたしは思っている。
何冊か、他人事のように書かれた著書は、おそらく本人の自伝であろうし、今回の自殺に関する一件も、たぶん嘘ではないと察する。
誰かの為を思って書いた文字は一字もなく、ちっぽけな恐怖心のために、死ねないでいると。
人は自分の為にしか生きないと言う。
自殺を思いとどまらせる為に、幾千の、思いやりの塊のような人、そして専門家が、貴方がこの世に存在することの意義を、必要性を説く。
死ねば、どんなに周りの人間が悲しむか考えよと説く。
鬱陶しい。
やっと死んでくれたかと思う身内も確かにいるだろうに。
なんで言ってくれなかったかと、嘆いて見せて、翌日の予定は、変更なくこなす。
人間なんてそんなもの。
かけがえなない貴方なんて、反吐が出るほど嘘くさい。
田中慎弥という人間は、この上なく優しい。
慰めも励ましもしないけれど、今、死にたい貴方の気持ちをいちばん理解する人だと思う。
嘘だと思ったら、ちょっとだけ読んでほしい。
ほんの短い、エッセイだから。

この句も読まれています。

万緑の 力集めて 山動く 沸き起こる緑、大地の力、山は全体で動き、力強い。
紅 梅 や 男 追 ふ ご と 咲 き 急 ぎ こうばいや おとこおうごと さきいそぎ 梅はまず白が咲きます。 何処の梅でもそうです。 古来から決まっているので、今年は紅が先だったなんてことはありません。 まるで、自分にはチラとも心のないオトコを追いかける若いムスメのように見えたりもします。...
い く つ も の 断 念 の 先 今 朝 の 秋... いくつもの だんねんのさき けさのあき 目標を目指し努力して達成できる有能な人もいるけれど、いろんな夢を見て順番につぶれてきたというか、諦めてきたわたしのような人もいるはずです。 あきらめたからって、不幸というわけでもなく、それなりに脇道を来てこんにちに至っているわけで、能力相応といった感じです...
隠 し 味 あ れ や こ れ や と 木 の 芽 和... かくしあじ あれもこれもと このめあえ 「木の芽」サンショウの芽のこと。 やわらかいサンショウの芽をすり鉢ですり、ミソと砂糖を加えます。 好みによりますが、白味噌のほうが素材が引き立つとも聞きます。 これで、イカやタケノコを和えるのですが、お年寄りはさらに、味見をしながら、なんやかんやとほん...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください