田中慎弥の掌劇場 「書いている、読んでいる」毎日新聞8月9日 (日) 12面掲載

わたしは何故か、このひねくれた作家の、ひねくれた心根で書かれた、ひねくれた文体による、ひねくれた文章に惹かれる。
好きで堪らない。
この人、何とは無しに書いているようで、結局苦労づくめの人生だと、わたしは思っている。
何冊か、他人事のように書かれた著書は、おそらく本人の自伝であろうし、今回の自殺に関する一件も、たぶん嘘ではないと察する。
誰かの為を思って書いた文字は一字もなく、ちっぽけな恐怖心のために、死ねないでいると。
人は自分の為にしか生きないと言う。
自殺を思いとどまらせる為に、幾千の、思いやりの塊のような人、そして専門家が、貴方がこの世に存在することの意義を、必要性を説く。
死ねば、どんなに周りの人間が悲しむか考えよと説く。
鬱陶しい。
やっと死んでくれたかと思う身内も確かにいるだろうに。
なんで言ってくれなかったかと、嘆いて見せて、翌日の予定は、変更なくこなす。
人間なんてそんなもの。
かけがえなない貴方なんて、反吐が出るほど嘘くさい。
田中慎弥という人間は、この上なく優しい。
慰めも励ましもしないけれど、今、死にたい貴方の気持ちをいちばん理解する人だと思う。
嘘だと思ったら、ちょっとだけ読んでほしい。
ほんの短い、エッセイだから。

この句も読まれています。

人生に 無駄一つ無しと 盆の雨 紆余曲折 もっと早く方向転換すれば良かったとか、もうちょっと踏ん張れば、 なんか違ったんじゃないかとか、思うことはいっぱいあるけれど、 済んでしまったことは仕方ない。 無駄だったと思うことが、もしかして意外な人生の肥料になってくれていればと 思ったりする。 いい年して、新人と呼ばれているから、辛い。...
秋 風 を 捕 ら え あ ぐ ね て 秋 日 傘... sunshade / 日傘 / Kanko* 顔に吹く風の冷たさ。そうは言っても この日差しの強さ。真夏より激しいか もしれない。日傘をさすと、風を捕ら えること難しくなる気がする。片影を さがしながら歩く。...
陶 工 の 郷 見 下 ろ し て 墓 地 の 余 花... とうこうの さとみおろして ぼちのよか 余花、夏になってなお咲き残るサクラ。 大川内山 (おおかわちやま) 佐賀県。 秘窯の里と言われています。 高麗人をはじめ、江戸時代の陶工たち880基の無縁墓標を集めた供養塔があります。 これら無名の陶工たちによって、すぐれた作品が今に伝わります。 秀吉の...
秋の風 介護ロボットなら よかり rロボットなら、ため息をつくこともなかろう。ああまたかと思うこともなかろう。介護は排泄、排泄が介護。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください