玄 関 は 使 は せ ぬ 婆 初 盆 会

げんかんは つかわせぬばば はつぼんえ

昔の人の考えなのでしょう。
玄関は、客用。
家の者は台所横の勝手口から出入りしたものです。

物は捨てないし。
そのせいで、広告の紙や紐、空き箱溢れかえって、こっそりゴミに出しても、いつの間にか元の場所に戻っていたこともあります。
戦争をかいくぐってきた世代はたくましい。
手ごわい。

この句も読まれています。

悠 久 の 雨 青 蜥 蜴 ( あおとかげ ) 身 じ ろ が ず... R0026801 / urasimaru いつ止むとも知れぬ雨。 悄悄とという降りかたはこんなものかと思う。 苔むした庭陰の石に、前足を載せて、餌を狙うでもなく、辺りを窺うでもなく、ただそこにいる。 雨は永遠に降り、蜥蜴は永久にそのままなのかと、一瞬思った。...
ひんやりと 空気流れる 春日傘 暑いとはいっても、五月。日傘をさせば日差しは防げる。日陰ならまださわやか。春の日傘は 余裕あって、ちょっといい。...
脳 男 常識では考えられない、高い知能、驚異的肉体、人間らしい感情が大きく欠落している主人公に、生田斗真。 過去に、年の離れた弟を殺害され、( 殺害の状況は、髪と眉を剃り落とされ、全裸で後手に手足を拘束された状態で、発見された) それが原因で、閉じこもり、一日中テレビとお菓子漬けの母親を抱える、精神科医...
梅 雨 出 水 一 切 合 切 (いっさいがっさい) 流 し ま せ... 豪雨でした / t.shigesa 梅雨もいよいよ終盤か。 激しい雨が叩きつけ、街は滝壺になったよう。 濁流は川岸を乗り越えんとし、アスファルトの道路は 溢れる水の持って行き場がなく、高架下は水没。 降って降って、溢れる水で、流してしまえ忘れたいこと。 苦い思い出、屈辱、侮辱。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください