玄 関 は 使 は せ ぬ 婆 初 盆 会

げんかんは つかわせぬばば はつぼんえ

昔の人の考えなのでしょう。
玄関は、客用。
家の者は台所横の勝手口から出入りしたものです。

物は捨てないし。
そのせいで、広告の紙や紐、空き箱溢れかえって、こっそりゴミに出しても、いつの間にか元の場所に戻っていたこともあります。
戦争をかいくぐってきた世代はたくましい。
手ごわい。

この句も読まれています。

後 悔 も 身 を 切 る 萱 も 抱 へ 逝 く... こうかいも みをきるかやも かかえいく どう年齢を重ねていくのか、自分では決められませんが、出来ることなら、すべてを忘れ、自分に関わったあらゆる人の顔を忘れ、ご飯を食べたことも尿意も便意も忘れて死にたくはない。 膨大な後悔と反省と、そのせいでいつまでも続く心配を、責任を感じながら年をとる責任が、わ...
蝉 (せみ) 鳴 い て 一 身 汗 の 穴 とな る... A sunflower / Takashi(aes256) たぶんこれで梅雨明けだろうと思う。 最近の気象庁は、明けてしばらく経ってからでないと 梅雨明け宣言しない。 湿度も高いのだろう。 わたしは夏が苦手で、このごろは10月までが夏。 一年の半分は夏になってしまって、困っている。...
小 糠 雨 (こぬかあめ) 蒼 き す す き に 露 を 置 く... Silver Grass / 薄(すすき) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 九月の雨がやまない。もう何日降り 続いているだろう。長い夜のいつの 間に降り出したのやら、細かい雨は 露のように、出たばかりの若い芒の 穂に玉を置く。斑入りの茅(かや)も 知らぬ間に育っていて、すっかり秋 の...
団 塊 が 絶 滅 鰻 喰 ひ 尽 く し だんかいが ぜつめつうなぎ くいつくし 産めよ殖やせよの号令一下、言われたとおりにするかなまったく。 生産性のあるうちはよかったものの、今となっては完全に年金のお荷物世代。 図らずも若者の重荷となってしまいました。 ニホンウナギの絶滅危惧種指定まで、団塊世代のせいにするのは、いくらなんでもあ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください