猪 垣 せ り几 帳 面 な る 結 び 癖

ゐがきせり きちょうめんなる むすびぐせ

イノシシも必死。

生きるためです。

人間も必死です。

手をかけ時間をかけ育てた作物がダメになります。

猪垣は、鹿垣とちがって、あまり高さは要らないようです。

ただ鼻先でどこでも執拗に掘り返し、あきらめないため、手強いのです。

戦国武将の攻城籠城の戦略を考えるかの真剣さで取り組まねばなりません。

動物も経験を積み、場数を踏めば、知恵がついてくるものです。

あなどることは出来ません。

この句も読まれています。

細書きの ボールペン買い 去年今年(こぞことし)... 今のところローソンのボールペンが一番書きやすいと思う。 太さいろいろあるから、全部揃えてみた。 字は下手くそだけど、それをまた更に下手に見せるペンがあるので注意。 三色ペンとかはだめ。貰い物もだめ。 高ければいいってものでもない。 今のところローソンのがいい。...
ひ と と せ は 長 し 心 は 変 わ る 星 月 夜... ひととせは ながしこころは かわるほしずくよ 人の心は思いの外短い時間で変わる。 はっきりこれと言える言葉や態度で変わるだけではなく、時の流れの中で、鬱陶しさにへんげすることもある。 七夕なんて、さすが優雅なおとぎ話。 ひとは年々年をとる。 ふとした拍子に、シミや皺や白髪が目についてということもあ...
ささがきの ごぼう晒して(さらして) 秋の水... ごぼうをささがきにする。 すぐ色が変わるから、水を張ったボールにそぎ落とす。 以前は面倒だったから、ささがきゴボウを買っていたけれど、 あの色の美しさが気持ち悪くなって、だって、まともに やってたら、ごぼうは真っ黒になるはず。 真っ白はおかしい。それで、自分でささがきにすることにした。 地鶏と混ぜて...
ネジ巻いて 思い出かじる 秋の芋 消化不良の思い出を持て余している。両親とも死んだ。 共有する人は誰もいない。 あのまだ幸せだった頃の、懐かしくてたまらない話を聞いてくれる人は誰もいない。 そんなもんかな。 しょうがないんだろう。 iPhoneからの投稿...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください