猪 垣 せ り几 帳 面 な る 結 び 癖

ゐがきせり きちょうめんなる むすびぐせ

イノシシも必死。

生きるためです。

人間も必死です。

手をかけ時間をかけ育てた作物がダメになります。

猪垣は、鹿垣とちがって、あまり高さは要らないようです。

ただ鼻先でどこでも執拗に掘り返し、あきらめないため、手強いのです。

戦国武将の攻城籠城の戦略を考えるかの真剣さで取り組まねばなりません。

動物も経験を積み、場数を踏めば、知恵がついてくるものです。

あなどることは出来ません。

この句も読まれています。

月 夜 に は 守 宮 ( やもり ) の 腹 の 白 か ろ う... 守宮、むかしはいっぱいいた気がする。 ガラス戸に身体に不似合いな大きな吸盤をつけて、ペタッとくっついているのを、面白がって、内側から、鉛筆の先で、コンコンと叩いて脅かしてやろうとしたが、ずうずうしくて、なんてことない風情だった。 いまでも、いないわけではない。 とても珍しくなっただけ。...
犬 ふ ぐ り 吐 息 ひ と つ を 見 逃 さ ず... いぬふぐり といきひとつを みのがさず 犬ふぐり、早春の野を染める愛らしい、ホントに小さな花です。 雑草です。 花の中心は白く、花びらは水色です。 緑の葉とともに地面をおおうように広がります。...
野 焼 き あ り見 え ぬ 焰 の ひ た 走 る... のやきあり みえぬほのおの ひたはしる 早春、野原の枯れ草などを焼きます。 野焼き、春の季語で、風物詩でしょうか。 害虫を殺し、土地を肥やす、草木の芽吹きを促す効果があると言われています。 古代の焼畑農業の名残とも。 ただ火の恐ろしいところは、よくよく見ていると、めらめらと赤い炎が燃え盛るまでには...
枯 銀 杏 千 年 越 せ ば 神 と な る かれいちょう せんねんこせば かみとなる 落葉樹のなかでも銀杏は、遠くからひと目で、それとわかります。 どこまでも大きくなり、ほとんど左右対象に近い、どっしりと落ち着いた構えです。 根元に、説明文の碑が建ち、神格化されたか、鳥居が置かれたものまであります。 風雪に耐えた大樹は、盛りの季節も枯木にな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください