猪 垣 せ り几 帳 面 な る 結 び 癖

ゐがきせり きちょうめんなる むすびぐせ

イノシシも必死。

生きるためです。

人間も必死です。

手をかけ時間をかけ育てた作物がダメになります。

猪垣は、鹿垣とちがって、あまり高さは要らないようです。

ただ鼻先でどこでも執拗に掘り返し、あきらめないため、手強いのです。

戦国武将の攻城籠城の戦略を考えるかの真剣さで取り組まねばなりません。

動物も経験を積み、場数を踏めば、知恵がついてくるものです。

あなどることは出来ません。

この句も読まれています。

原 爆 忌 そ の 寸 前 の 普 通 の 日 げんばくき そのすんぜんの ふつうのひ ヒロシマ、そして長崎。 8月6日、9日のその瞬間まで、戦時中とはいえ日常の生活が営まれていたはず。 弁当を持たせ、行ってきますと言い、学校や徴用された工場へ当たり前に出かけ、当たり前に送り出し。 いたずらか、運命か、多くの人が亡くなるなか、いのちを得た人もい...
気 に 入 り の 夏 帽 の し み 言 は ず お く... この人、会うときはこの帽子ばかり。 よほど気に入っているんだろう。 耳の上のあたりにうっすらシミができている。 黙っていよう。 もう夏は終わる。...
奨 学 金 奮 発 し ま す と 春 の 町 中学生は修学旅行中? / fukapon 鹿児島県伊佐市。九州の冷蔵庫と言われるほど寒いという。山間の町なれど、いちおう鹿児島県。新幹線の新水俣から、かなり内地に入るらしい。中学を出ると、ちょっと優秀な子は、近隣の都会に出て行ってしまうため、県立大口高校から、有名大学に進学した者には、なんと100万...
身の丈に 合うた暮らしと 山笑う 山 / Matsukin 世の中がどうであれ、わたしはわたしの 生活をする。海外どころか国内の、九州 の温泉巡りもままならない。休みは映画。 たまに。ビールはプレミアム。隣町の公民 館の洋裁教室に月二回。ちっとも上達しな いけど、そこはそこの友だちがいる。日焼 けは大敵だから、週1〜2回ジムで一時間...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください