特 牛 の 単 線 花 野 に 突 っ 込 む る

こっといの たんせんはなのにつっこむる

山陰線の単線。

特牛 と書いて、「こっとい」と読ませる。

日本の読みにくい駅◯◯選に入っています。

単線で、引き込み線もなく、木造のほんとに見たことないくらい古い、趣きのある駅舎、ホームの端には、小さな数段の階段が付いていて、そこからも入れそう。

駅舎のまわりは花野、少し離れてついたてのように低い山があります。

俳句の世界では、新幹線が通ったらオワリと言われていて、山陰は最期の日本のような言われ方です。

山陽本線を新幹線で行き、縦に登って行く手もあるけれど、時間があって、できることなら山陰線でいきたいものです。

蟹が美味しい季節です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください