熱燗の しびるるままに そのままに

ただ喉を越すそのときだけは、何も思わず考えず。
のしかかり、責めて来るいくつかの十字架をほんの一瞬おろす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください