熟 れ て 咲 く 向 日 葵 見 ず に 刈 り 取 り て

うれてさく ひまわりみずに かりとりて

向日葵畑。
夏の間、暑さに負けず、元気に金色の花を咲かせ、多くの人を元気づけたものです。
秋になって、そろそろ終わりを迎えた花もありながら、まだ咲いたばかりの元気な花もあるにはあるのですが、刈り取りの命が下されたからには、刈り取らなければなりません。
前の週、お持ち帰り自由で、随分減ったかに見えた向日葵畑ですが、いざ刈り取るとなると、それは重労働です。
元気のいい若い花は見ずに刈り取ることが、早く仕事を終えるコツでしょうか。
わたしは向日葵が好きではありません。
あの、あっけらかんとした、浅い明るさが苦手なのです。
さらに、映画のせいもあるかもしれません。
ソフィアローレン主演。
戦死したのかしないのか、消息のわからない夫を探して、主人公が探し回る姿が、胸に焼きついて離れません。
地平線まで広がるひまわり。
どうして、ひまわりでなければならなかったのか。
切なすぎて、あれ以来、ひまわりを正視できないでいるのです。

この句も読まれています。

変わらずの 炎暑にもトンボ たたずむ... 続く暑い日、変わらない炎天と思っていたが、とんぼが大群で、小さな川の上を、止まったり進んだりしている。空はまだ真っ青な夏の空、田んぼにはまだ青い稲が、頭を垂れることも無く勢いよく育っている。田んぼのまわりは、からす除けか、きらきら光るテープが張り巡らせてあり、いっそう暑苦しい。川には小さな石造りの古...
満 員 の ト ロ ッ コ 列 車 霧 に 消 ゆ... 阿蘇の噴火警報がゆるんだので、この行楽の季節、観光客が満載です。 人気のトロッコ列車は満員で、歓声を上げて出発です。 秋の霧が出てきたようで、お天気はいいものの、見晴らしはいまひとつ。 霧に包まれて見えなくなるトロッコ列車を見送るのも一興です。...
花 と 星 ど ち ら も 要 ら ぬ 竹 の 秋... はなとほし どちらもいらぬ たけのあき 森山良子の代表作。 「この広い野原いっぱい咲く花を、ひとつ残らずあなたにあげる。」 要らない。 そんなもの。 若さも夢も遠くなって、そんなものほとんど見えない。 野原の花とか、空の星とか、勝手に人にやるな。...
暖 鳥 放 つ 優 し さ つ ひ と 見 え ぬくめどり はなつやさしさ ついとみえ おそらくハヤブサやクマタカのことだろうと言われている、仮想季語です。 猛禽類が、捕らえた小鳥の体温で、自分の身を暖め、翌朝になると、その小鳥を放してやるという話があります。 そして、小鳥の飛び去った方向へは、その日は狩りに行くことはないといいます。 こ...