熟 れ て 咲 く 向 日 葵 見 ず に 刈 り 取 り て

うれてさく ひまわりみずに かりとりて

向日葵畑。
夏の間、暑さに負けず、元気に金色の花を咲かせ、多くの人を元気づけたものです。
秋になって、そろそろ終わりを迎えた花もありながら、まだ咲いたばかりの元気な花もあるにはあるのですが、刈り取りの命が下されたからには、刈り取らなければなりません。
前の週、お持ち帰り自由で、随分減ったかに見えた向日葵畑ですが、いざ刈り取るとなると、それは重労働です。
元気のいい若い花は見ずに刈り取ることが、早く仕事を終えるコツでしょうか。
わたしは向日葵が好きではありません。
あの、あっけらかんとした、浅い明るさが苦手なのです。
さらに、映画のせいもあるかもしれません。
ソフィアローレン主演。
戦死したのかしないのか、消息のわからない夫を探して、主人公が探し回る姿が、胸に焼きついて離れません。
地平線まで広がるひまわり。
どうして、ひまわりでなければならなかったのか。
切なすぎて、あれ以来、ひまわりを正視できないでいるのです。

この句も読まれています。

目も開かず 雪吹き上げる ビルの風... ビル風って、なんであんなに激しいのか。海の風、山の風とはちがう、とっても不愉快。目も開けられず、手はかじかんで、カバンの取っ手をひとつ取り落としたせいで、カバンが斜めになって、中身が転がった。拾おうとして、かがんだら、首に振り分けて巻いていたマフラーが、ズルッと片方道に落ちて、それ踏みつけて、屈んだ...
「大阪池田小大量殺人事件」の宅間守 【訂正】... 先日、佐木隆三著 「大阪池田小大量殺人事件」の読後感めいたものを書いたけれど、あまりに著者に引きずられた感が否めず、なんか自分の中で引っかかっていましたので、しばらく自分なりに考えて、訂正すべきは訂正したいと思ったわけです。 宅間自身の言葉 「素質、運、環境だけでは片付けようのない、故意に邪魔する...
誰読まぬ 百科事典に 春嵐 むかし、家に百科事典を、それも居間や玄関などの人目に付くところに、飾ることが 流行った時代がある。 子どもはあまり読まずに巣立ち、孫は見向きもしない。 それにもう、時代にそぐわないものになっているけど、 相変わらず同じところに鎮座ましましている家は、ある。 何十年の月日をこえ、巡る季節を過ぎ、何十回...
ユ ト リ ロ の 寂 し き 白 や 夏 終 は る... ゆとりろの さびしきしろや なつおわる ユトリロ。 1955年11月まで生きたフランスの画家。 生まれは私生児。 さらに母親は育児放棄。 それだけでも、充分気鬱ですが、どうも母親譲りの精神病の遺伝子のようなものを持って生まれたような説明です。 そのうえ、重度のアルコール依存症で、10代の頃より、精...