熟 れ て 咲 く 向 日 葵 見 ず に 刈 り 取 り て

うれてさく ひまわりみずに かりとりて

向日葵畑。
夏の間、暑さに負けず、元気に金色の花を咲かせ、多くの人を元気づけたものです。
秋になって、そろそろ終わりを迎えた花もありながら、まだ咲いたばかりの元気な花もあるにはあるのですが、刈り取りの命が下されたからには、刈り取らなければなりません。
前の週、お持ち帰り自由で、随分減ったかに見えた向日葵畑ですが、いざ刈り取るとなると、それは重労働です。
元気のいい若い花は見ずに刈り取ることが、早く仕事を終えるコツでしょうか。
わたしは向日葵が好きではありません。
あの、あっけらかんとした、浅い明るさが苦手なのです。
さらに、映画のせいもあるかもしれません。
ソフィアローレン主演。
戦死したのかしないのか、消息のわからない夫を探して、主人公が探し回る姿が、胸に焼きついて離れません。
地平線まで広がるひまわり。
どうして、ひまわりでなければならなかったのか。
切なすぎて、あれ以来、ひまわりを正視できないでいるのです。

この句も読まれています。

点 滴 は 氷 柱 ( つらら ) の 溶 け る リ ズ ム な り... 点滴 / ryosalem あんなバケツのような量の液体が、忘れた頃にポツリと落ちる点滴で、入るものかと思っていたが、そこは時間のなせる技。忘れた頃には、かなりの量がはけている。この冬の名残りのうちに、元気になって出ておいで。また去年のように、あの川のほとりを歩きながら、花見ができますように。...
盆の来て 拝む仏も 家もなく 実家がないと楽。盆も正月もただの休み。会いたい先祖もいない。父親はとうにあちらの世界だが、生きている間、ろくでもなかった人が、死んだからといって、立派になるはずもない。多分わたしには、守護霊とやらはいないんだろう。...
秋水の 冷たさ朝の 米を研ぐ(とぐ)... つい先日まで、生ぬるかった水が、きりっと冷たい。 いよいよというか、ようやく秋。 新しい靴を買おうか。
笹 鳴 き や 赤 き 鳥 居 の 右 左 ささなきや あかきとりいの みぎひだり 子どものうぐいすが、まだじょうずにホーホケキョと鳴けず、今ごろの季節にはチッチッと鳴きます。 暖かくなるころには、だんだん上手になって、立派なうぐいすの鳴き方をします。 姿は見えないのですが、この辺りにいることは確かで、もしかしたら山の上まで登ってきた人間を...