熟 れ て 咲 く 向 日 葵 見 ず に 刈 り 取 り て

うれてさく ひまわりみずに かりとりて

向日葵畑。
夏の間、暑さに負けず、元気に金色の花を咲かせ、多くの人を元気づけたものです。
秋になって、そろそろ終わりを迎えた花もありながら、まだ咲いたばかりの元気な花もあるにはあるのですが、刈り取りの命が下されたからには、刈り取らなければなりません。
前の週、お持ち帰り自由で、随分減ったかに見えた向日葵畑ですが、いざ刈り取るとなると、それは重労働です。
元気のいい若い花は見ずに刈り取ることが、早く仕事を終えるコツでしょうか。
わたしは向日葵が好きではありません。
あの、あっけらかんとした、浅い明るさが苦手なのです。
さらに、映画のせいもあるかもしれません。
ソフィアローレン主演。
戦死したのかしないのか、消息のわからない夫を探して、主人公が探し回る姿が、胸に焼きついて離れません。
地平線まで広がるひまわり。
どうして、ひまわりでなければならなかったのか。
切なすぎて、あれ以来、ひまわりを正視できないでいるのです。

この句も読まれています。

冬 ざ れ て 捨 て た お 方 の 不 幸 せ... 美空ひばりのヒット曲、たしか二重に巻いた帯が三重になったというもの。 「捨てたお方の幸せを」という言葉があったと思います。 一青窈の「ハナミズキ」にも「君と好きな人が100年続きますように」というせりふがあります。 信じられないことです。 ほんとにそんなこと考える立派な人がいるとは到底思えません。 ...
書 け ぬ ペ ン ば か り ペ ン 立 て 夾 竹 桃... かけぬペン ばかりペン立て きょうちくとう しばらく使っていなかったせいか、もともとがやすものだったからか、ボールペンがことごとく付かない。 まったく、急ぐときにこれだから。 ついてないのか、日頃の行いが悪いのか、夾竹桃のせいなのか。...
故 郷 に あ ら ね ど 潮 来 梅 雨 も よ ひ... ふるさとに あらねどいたこ つゆもよい 潮来は、茨城県の南東部にある、市です。 水郷潮来。 霞ヶ浦、利根川ほかにも水辺に囲まれ、市の中心部にも川が流れます。 田園地帯が広がり米作がさかんです。 古くから水運が交通手段だった潮来では、人が往き来するために通る小さな橋が数多く架けられていたそう...