煤 逃 げ の 詫 び は 虎 屋 に 収 ま れ り

すすにげの わびはとらやに おさまれり

家族分担の年末大掃除を、すり抜けていつも行方不明になって、ひんしゅくをかっていた親父が、同じ企みの同志にクルマで送ってもらい帰還したときのこと。
手には、何処で手に入れたか、虎屋の羊羹。
女ばかりの我が家は、嬌声をあげ、父が煤逃げしたことはすっかり忘れ、羊羹を均等に切ることに集中したものです。
かくて親父は無罪放免どころか、鼻高々といった風情。
まだ元気だった頃の年末の風景です。

この句も読まれています。

ただ孤独 冬の空あり 波の立つ 冬の空、暗く低く,ときには冷たい風が吹きすさぶ。灰色の海には波がたつ。荒い波が繰り返し繰り返し押し寄せる。 ひとりだなあと思う。こんなところ来るんじゃなかったと思う。...
鈴 の ご と 鳴 く ば バ ッ タ も 振 り 向 か る... すずのごと なくばばったも ふりむかる 人間のことですが、心の美しい人になれと、言われて育った世代です。 見かけが美しければ、心は自然と付いてくる、心だけ求めてもそれは酷というものだと、ずいぶん時間が経ってから学習しました。 鈴虫の如く上品で、か弱くあれば、人は手を差し伸べずにはおれない。 感謝の...
手 花 火 の 残 る 火 玉 に 語 り か け... 線香花火 / Norio.NAKAYAMA 線香花火の、あの、光が糸を引くような美しさは、見飽きることがない。 そしてばちばちと紅葉の連打。 いちばん最後には、花火はまんまるい火の玉になり、それでも懸命に持ちこたえている。 やがて、丸い火玉は、雫の形になり、落ちる。 ここまでが、線香花火。 何を想...
夾竹桃 激しい気性は 継母か 夾竹桃が、暑い中咲き誇っているのをみると、苛められた継母と重なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください