煤 逃 げ の 詫 び は 虎 屋 に 収 ま れ り

すすにげの わびはとらやに おさまれり

家族分担の年末大掃除を、すり抜けていつも行方不明になって、ひんしゅくをかっていた親父が、同じ企みの同志にクルマで送ってもらい帰還したときのこと。
手には、何処で手に入れたか、虎屋の羊羹。
女ばかりの我が家は、嬌声をあげ、父が煤逃げしたことはすっかり忘れ、羊羹を均等に切ることに集中したものです。
かくて親父は無罪放免どころか、鼻高々といった風情。
まだ元気だった頃の年末の風景です。

この句も読まれています。

生を取り 茹で筍(たけのこ)に 取り替えて... スーパーで、旬の筍に思わずとびつきました。 で、ちょっと行くと、茹でた筍に出会ったのです。 一瞬考えて、茹でたものに取り替えました。 筍は、皮を剥いて、糠と一緒に茹でます。 季節の行事だけど、手間は省いた方が楽かと、判断しました。...
暮れの春 ヘリコプターの 地雷音 IMGP0079 / fujikinoko 雨が、少しは降ったのだろうか。湿度の高い、ねっとりとした遅い春の暮れ。なんの匂いだろうか、ハーブの種類だろうか、何処からともなく、甘いというか、説明のつかない匂いが満ちてくる。林芙美子の「浮雲」だったか、あの本にある仏印の気候は、こんな感じのもっと強烈なも...
柩 に は 寒 菊 添 へ よ 薫 る ほ ど ひつぎには かんぎくそえよ かおるほど 大きな大輪の白菊ばかりでは寂しすぎるから、せめて顔のそばには、黄色の小菊、寒菊を置いてやりたい。 年明けを待つことできず、苦労の多い人生を終えた人に。 寒菊は、私の知っている限りでは、黄色で、小菊で、頼りない花だけれど、小さい花が寄り添って、健気に咲いて...
曳 舟 の 糸 引 く ご と し 秋 関 門 関門海峡。 あれだけ広いのに、大きな船が通るので、操舵はむずかしいとか。 故障なのか、小さな船がさらに小さな船を引っ張って行く。 空は青く、海も碧。 波は静か。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください