炭 焼 き と 地 名 に 残 し 芒 原

すみやきと ちめいにのこし すすきはら

遠い昔には、おそらくまちがいなく炭を焼いていたのだろうと思います。

山を開いた跡はあるものの、途中で放り出したかのような。

炭焼きをやめて、相当な時間が過ぎ、工場誘致でも模索したのかもしれない。

アクセスが悪く、暗礁に乗り上げたっぽい。

途中まで開拓され、野ざらしとなって、今広大な芒原。

芒に埋め尽くされてはいるものの、細い川が蛇行しながら流れており、人の手が入らないため、大きな鯉が泳いでいるのを見つけました。

悠然と泰然と。

これもまたいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください