炭 坑 節 ひ と つ と っ て も 所 作 違 え

たんこうぶし ひとつとっても しょさちがえ

どうしてあんな色気のある所作ができるのでしょう。
後ろ姿だけで、違いがわかります。
どうしても、あの色気をものにしたくて、近所の日本舞踊の先生に弟子入りしたいと、継母に頼んだけれど、誰にでも借金する人だと、いい噂を聞かないからと言われて、泣く泣く諦めたことがあります。
でも、借金はともかく、この先生、ただ腕を前に差し出しただけで、他の人とはちがう、後ろに一歩下がっただけで、腰つきがちがう。
わたしは公民館の盆踊り大会を見て、魅了されてしまったのです。
この人には、わたしと同じ年の娘がありました。
中高一貫の女子校に通っていて、縁はなかったのですが、朝の登校時に電車が同じになることが度々あって、何かが違うと、後ろからよくよく観察しました。
腰で歩くのです。
つまり、モンローウォーク。
映画で見る、そのものなのです。
だから、同じようなフレアースカートを身につけていても、その布地の動き方が違うのです。
スカートが、身体に巻きつくように動くのです。
いろいろ真似したり、練習したりしたけれど、うまくいかなかった。
決して美人ではないけれど、黙っていても雰囲気があります。
「やっぱり女子校はちがう」とその頃は思ったけれど、これは、あくまでも個人差です。
死ぬほど羨ましかった。
それやこれやで、わたしの夢はついえたけれど、今度生まれ変わったら、所作だけで、オトコを仕留めるようなオンナになりたい。