滲 み 易 す 梅 雨 の 夜 長 の 一 筆 箋

わたしは生来の悪筆である。
さらさらと見惚れるような、美しい、しかも感じのいい字を書く人が羨ましい。
もっと早く練習していれば、なんとかなったかもしれないけれど、ワープロ、パソコンが、世の中を席捲するようになり、そっちを覚えることに多大な時間と労力を費やすしかなかった。
ただそれではすまないことが、年に2、3回はあり、その度に劣等感にさいなまれることになる。
下手なくせに、万年筆が好きで、特に手紙などは、やっぱり万年筆が情緒があっていいと思うのです。
むかしは、黒板消しのような滲み取りがあって、即座に吸い取っただろうに、文具店に行けば今もあるのか。
Amazonはどうだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください