源 流 は ま だ こ の 先 と 冬 雲 雀

げんりゅうは まだこのさきと ふゆひばり

春は勢いよく空を飛ぶヒバリも、この季節になると、地面を跳び歩きながらエサを探す姿が見られます。

オスは頭の冠羽をピンと立てています。

イタチやネコ、ヘビなど天敵が多く、たいへんです。

この句も読まれています。

透 析 は 仕 事 と 言 ふ て 春 の 雪 とうせきは しごとというて はるのゆき 週に三回、五〜六時間もかかると聞くと、答えに詰まる。 自分なりに一応納得しているとはいえ、気持ちが沈むこともよくあると聞きました。 やりたいことがいろいろあるのに、制限がかかるのは辛い。 がんばってほしい。...
吊るし柿 つづく刈田の その向こう... 秋の田舎の穏やかな日々、吊るし柿がいっぱい並んで下がっているあったかい風景が好きです。 柿でも玉葱でもどくだみでも大根でも、ぶら下がってるものはみんな好きです。 なんか生活の余裕というか、知恵というか、あったかいものを感じます。...
浦 上 の 眼 の 無 き マ リ ア 桜 降 る... うらかみの めのなきまりあ さくらふる 原爆で傷ついたマリア像。 このサクラを届けたいとは、多くの信者の思いでしょう。 長崎には、「この子を残して」の作で知られる永井隆氏が、原爆症で亡くなる前に、本の印税で、サクラの苗木を相当数購入され、人々の手によって植えられ、今はもう代替わりして、それで...
雨蛙 露天の風呂の 脱衣かご 雨蛙は場所になじんで、色を変えるので、もうびっくり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください