源 泉 の 蒸 気 傍 ら 冬 紅 葉

げんせんの じょうきかたわら ふゆもみじ

おおかたのモミジが色あせて散りかけてなお、美しい色を保っているのを冬モミジと言うそうです。

温泉がつつがなく配給されるように、人知れずたゆまぬ努力が続けられています。

大量の熱湯と湯気が、音を立てて噴出する危険な作業場です。

出入り口には大きなミラー、細い道から大きな道路に出るところに設置してあるあのミラーです。

そして角のじゃまにならないところに、きれいな冬モミジ。

なんか誰も気づいてないような気がします。

この句も読まれています。

こ い つ と は 最 早 此 処 ま で 冬 薔 薇... こいつとは もはやここまで ふゆそうび 「あゝ、終わった」と心が決める瞬間があります。 もちろんわたしも「あゝ、終わった」とあちこちで思われてきたのでしょう。 親兄弟も同じこと。 わたしには、とっくに終わった妹が二人もいます。 ただ嫌いになったというだけではないのです。 この先付き合うと、自分のこ...
代掻きの 田に雨の打つ しばし見る... t田植え前の、水を張った田んぼは好きです。 さらに雨の日は格別です。 低い雲、暗い空、雨でけぶってよく見えない周りの家や道路。 雨が落ちて、湖面のような水田と、細くてどこまでもく黒いあぜ道。 風情ある夏のはじめの風景です。...
何をどう 動かせもせず 春の宵 nなにも変わらない、変えられない。解決のつかないことばかり。ただ抱えているだけの日々 が過ぎるだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください