源 泉 の 蒸 気 傍 ら 冬 紅 葉

げんせんの じょうきかたわら ふゆもみじ

おおかたのモミジが色あせて散りかけてなお、美しい色を保っているのを冬モミジと言うそうです。

温泉がつつがなく配給されるように、人知れずたゆまぬ努力が続けられています。

大量の熱湯と湯気が、音を立てて噴出する危険な作業場です。

出入り口には大きなミラー、細い道から大きな道路に出るところに設置してあるあのミラーです。

そして角のじゃまにならないところに、きれいな冬モミジ。

なんか誰も気づいてないような気がします。

この句も読まれています。

諍 ひ も ひ と 夜 に 忘 る 牛 膝 いさかいも ひとよにわする いのこずち むかしは、むかついたら何時までも忘れず、怒りを持続させたものです。 最近は、一晩寝たら、なんで喧嘩になったか、ちょっと考えないと思い出せないことがあります。 別に人間ができたわけじゃないのです。 記憶力が落ちただけのことです。 情けないことです。...
蝉しぐれ 蝉に生まれし さだめなり... せみに生まれたからには、せみの生業をしてしまうのです。 人に生まれたものは、人の生き方をするのですが、なぜか判断がまちがうことが、 あるのです。 人生は、やり直しがききませんから、あとの人生はあやまちを懺悔する日々です。...
七 福 の 裾 な ど 引 き た し 年 初 め... 恵比寿さま / marumeganechan 明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 凹むようなことがありませんように。 元気でいられますように。...
土 匂 ふ 中 だ る み し て 春 の 畝 つちにおう なかだるみして はるのうね 春が来ました。 ネコのひたいほどの棚田にも。 耕運機など入れない狭い土地ですから、すべてが人力です。 高いところから見ると、真ん中あたりで、ちょっとゆがんで見えます。 あぜの形に合わせてのことかもしれません。 ほのぼのとする棚田の春です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください