源 泉 の 蒸 気 傍 ら 冬 紅 葉

げんせんの じょうきかたわら ふゆもみじ

おおかたのモミジが色あせて散りかけてなお、美しい色を保っているのを冬モミジと言うそうです。

温泉がつつがなく配給されるように、人知れずたゆまぬ努力が続けられています。

大量の熱湯と湯気が、音を立てて噴出する危険な作業場です。

出入り口には大きなミラー、細い道から大きな道路に出るところに設置してあるあのミラーです。

そして角のじゃまにならないところに、きれいな冬モミジ。

なんか誰も気づいてないような気がします。

この句も読まれています。

盆 の 月 駅 ま で の 道 照 ら し を り... ぼんのつき えきまでのみち てらしおり わたしは親兄弟に縁が薄いのか、ママ母はもちろんのこと、生みの母のことも好きになれずに終わりました。 父は、ママ母との間にできた三女を溺愛し、30年経った今も、いい思い出より思い出したくないことの方が頭を巡ります。 それでも遠い先祖の中に、ひとりくらい、ちょ...
石切り場 一時雨(ひとしぐれ)きて 日は暮れて... 石切り場のあの無味乾燥な雰囲気が、一雨くると 表情を変える。 石は濡れて潤い、瑞々しい。 この先ひと雨ごとに秋から冬へ季節は移ろう。 柿や銀杏の落ち葉が楽しげに散るのとはちがい、 大きな石が尖ったままに雨に濡れるのは迫力がある。 雨が降るたびに、落ち込むことができるというか、 それほど頻繁に辛いこと...
挿し木した 紫陽花に芽 春時雨 紫陽花を挿し木した。つくかどうかわからなかったけど、日当たりはよくないし、ヒイラギの根元で土は固いし。 長い春の雨が続いたからだろうか、今日見ると、黄緑色の芽が二つ三つ。これならもう大丈夫。春の雨はゆっくりゆっ くりとあらゆる物に、植物に降りそそぐ。慈雨である。薔薇が芽をふく。シャクヤクが芽を出す。...
雪しまき 傘持つ指は 感覚もなく 雪が吹雪いている。 こんな日に何で仕事、と思いながら、頑張る。 指がかじかんで、痛いのか、冷たいのか、 わからない。 でも、この感覚は小さい頃は、よくあった。 寒い冬だった。 貧しい家だった。 子どもだから、よく雪遊びした。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください