源 泉 の 蒸 気 傍 ら 冬 紅 葉

げんせんの じょうきかたわら ふゆもみじ

おおかたのモミジが色あせて散りかけてなお、美しい色を保っているのを冬モミジと言うそうです。

温泉がつつがなく配給されるように、人知れずたゆまぬ努力が続けられています。

大量の熱湯と湯気が、音を立てて噴出する危険な作業場です。

出入り口には大きなミラー、細い道から大きな道路に出るところに設置してあるあのミラーです。

そして角のじゃまにならないところに、きれいな冬モミジ。

なんか誰も気づいてないような気がします。

この句も読まれています。

ア イ ロ ン の 蒸 気 の 向 こ う 沈 丁 花... Blooming scent / coniferconifer 沈丁花が満開である。 低木だから、さがさないと何処にあるか、見逃してしまいそうだけれど、あの胸を打つような香りには、深呼吸をしないわけにはいかない。 フレアーのスカートの裾上げをするのに、蒸気アイロンを使いながら、まあるく育った沈丁花...
梅早し もったいないほど 咲ききって... 外はまだまだ寒いのに、盆栽の梅は、もう満開。 惜しげもなく咲いて、すぐに終わりそうな勢い。 ゆっくり長く咲けばいいのに。...
誰一人 目もくれずおり カンナ咲く... 暑い。灼熱地獄のよう。川べりにカンナの大株あり。見れば見るほど暑い。こんな可愛げのない花が他にあろうか。図体のデカイおのれに重ねる。誰も見ないのに、なんで空を向いて咲けるのだろう。バカなのか。...
枯 銀 杏 千 年 越 せ ば 神 と な る かれいちょう せんねんこせば かみとなる 落葉樹のなかでも銀杏は、遠くからひと目で、それとわかります。 どこまでも大きくなり、ほとんど左右対象に近い、どっしりと落ち着いた構えです。 根元に、説明文の碑が建ち、神格化されたか、鳥居が置かれたものまであります。 風雪に耐えた大樹は、盛りの季節も枯木にな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください