淋 し さ は 淋 し さ と し て け む り 茸

さびしさは さびしさとして けむりたけ

寂しいときに、騒いではいけない。
今、どうして何が原因で寂しいのか、いやでもしっかり考えた方がいいとわたしはいつも思います。
なんとなく、秋だから淋しいなんてことは、ないと思うのです。
原因はたぶん足元に転がっている。
さっき言われたこと。
さっき見た風景。
こんなことに、わたしは弱いんだ、叩きのめされるんだと自覚したなら、次からは、打ちのめされずに、風のように過ぎていくようにしなければいけない。
強くなりたい。
孤独になんかつまずきたくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください