海 棠 に 身 も 世 も 捨 て し 雨 の 降 る

かいどうに みもよもすてし あめのふる

カイドウ。

原産は中国で、薄紅色のつややかな花は、東洋の名花と言われます。

「ねむり花」や「ねむれる花」とも呼ばれるそうですが、唐の時代、玄宗皇帝が、楊貴妃の眠たげなようすを「カイドウのねむりいまだ足らず」と言ったとの故事から来たそうです。

うつむき加減に咲く、控えめな印象の美しい花は、きれいな女人に例えられることも多く、

美しい女性が打ちしおれた姿を、「カイドウの雨に濡れたる風情」などと古来より言われてきたとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください