海 の 色 映 し て う る め の 眼 か な

うみのいろ うつしてうるめの まなこかな

うるめイワシ。
体つきは丸く、身体は青みが強い。
「うるめ」と名前にあるのは、脂瞼(しけん)という、透明な膜で、眼が覆われているため、うるんでいるように見えるからだと聞きます。
透明なうろこを通して、青い体が透けて見え、とてもきれいです。
眼の周りまで海の色です。
冬の終わりの季語になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください