浦 上 の 目 の 無 き マ リ ア 原 爆 忌

うらかみの めのなきまりあ げんばくき

祈り続けるマリア像の、二つの目が抜け落ちています。

キリシタンの信仰で、長い年月苦しみ続け、多くの血を流したナガサキに、どうしてまた原子爆弾の災禍。

すり鉢のような街に原爆は、落とした人間には大きな効果で、大きな成果で応えたことだろうと思います。

あの朝まで、ふつうの日常が、言葉があったはず。

命は落とさなかったものの、顔色が悪く、だるいと訴える人たちがその後何年にもわたって死んでいったと。

春菊が、オバケのように大きく育ったと。

この句も読まれています。

日記書く 底冷えのする 冬の夜は わたしは毎日ではないのですが、日記を書きます。 三年日記です。とてもうれしいことがあった日や(一年に一遍もないけど) 苦しい日には書けませんが、何日かたって少し元気になったかなという日には 書くようにしています。 人間って不思議なもので、三年前のことなんて、すべてと言っていいくらい きれいに忘れてい...
片蔭に信号待ちなら ありがたし 暑い盛り、日陰に入ると、ほっとします。 長い信号待ちなら、なおさらです。
昼 寝 覚 息 災 な り か か の 人 や ひるねざめ そくさいなりか かのひとや 昼寝はしないのですが、なぜかどうしようもなく眠いときがあります。 ほんのわずかな時間です。 たいていはおかしな夢を見ます。 とうに亡くなった人や、遠のいた人たち。 心静かにいるのか、元気にしているのか。 目が覚めてから少しの間、想ったりもします。...
入 社 式 新 人 狙 ひ 献 血 車 にゅうしゃしき しんじんねらい けんけつしゃ 市役所に住民票をもらいに行きました。 玄関横の桜並木はちょうど五分咲きといったところ。 希望に満ちた、元気はつらつの新人職員が献血車に並びます。 この市は、今年から採用に関して、筆記試験を廃止しました。 市長の見解だそうです。 献血ぐらい、人の倍やれ!...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください