浦 上 の 目 の 無 き マ リ ア 原 爆 忌

うらかみの めのなきまりあ げんばくき

祈り続けるマリア像の、二つの目が抜け落ちています。

キリシタンの信仰で、長い年月苦しみ続け、多くの血を流したナガサキに、どうしてまた原子爆弾の災禍。

すり鉢のような街に原爆は、落とした人間には大きな効果で、大きな成果で応えたことだろうと思います。

あの朝まで、ふつうの日常が、言葉があったはず。

命は落とさなかったものの、顔色が悪く、だるいと訴える人たちがその後何年にもわたって死んでいったと。

春菊が、オバケのように大きく育ったと。

この句も読まれています。

出 棺 の 合 図 の 泣 き て 凌 霄 花 の 落 つ... しゅっかんの あいずのなきて はなのおつ ノウゼンカズラ、つる植物で他の木に巻きついて育ち、大きなオレンジの間借りにしては厚かましいほどの立派な花をつけます。 特徴は、花びらが散るのではなく、首からぽとりと、それも惜しげもなく散ることでしょうか。...
雪間葱 根の深くして 春を待つ 雪の間を見つけて、葱を収穫した。 髭根ながら、多くて深い。このねぎに この根っこと思うくらいの育ち方。 これで春を待つのだろう。底力があれば 冬は越せる。...
討 ち 入 り の 見 当 た ら ず し て 十 二 月... 結末がわかっているのに、どうしても見てしまう。 赤穂浪士の討ち入り。 大石内蔵助役は、第1回の大河ドラマでは、長谷川一夫。 平均視聴率30パーセントを超え、討ち入りの回は53パーセントだったとか。 内蔵助で決まると言っても過言ではないこの作品、どんな役者が内蔵助を演じてきたのか。 前述の長谷川一夫、...
郵便の バイクのリズム 風薫る ブーンと音を立てて、郵便屋さんのバイクの音、間をおかずまたブーンときて、 エンジンをかけたまま停止している音、その繰り返しが、穏やかな日常を 与えられている幸福感といえば大袈裟だが、安堵感はある。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください