流 刑 地 と 呼 ば れ し 島 の 寒 昴

るけいちと よばれししまの かんすばる

かんすばる。

おうし座にあるたくさんの星のかたまりで、肉眼では六つ数えられます。

真冬に、いちばんはっきりと美しく見ることができます。

蛇足ながら、わたしはもう亡くなりはしましたが、渡辺淳一という作家がキライです。

(愛の流刑地) などといういやらしい小説を発表したものだから、言葉が汚れてしまった気がします。

医者で作家ということで、肩書きのせいで、内容がもっともらしく聞こえ、多くの人がだまされていると思うのです。

オトコとオンナの話ばかりで、オトコに都合のいいウソばっかり。

あの人のせいで、日本のオトコどもは、幻想や妄想に取り憑かれたと言っても過言ではないと考えます。

罪深いことです。

オンナは、オマイらが思っているほど、官能を待ち望みもせず、感覚的でもなく、感動的でもない。これ、確か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください