流 れ 星 来 世 の 夢 に 絞 り た り

ながれぼし らいせのゆめに しぼりたり

流れ星を見つけたら、消えないうちに三回願い事を言えばかなうと言われています。

時間があまりにも短いので、うまくいかなくて当たり前なのですが、なんとかかなうならと思って挑戦してしまいます。

もう現世のことはいい。

なんせ終わりが近い。

ここまで来たら、何を願ったとて、現状が劇的に変わるとはとうてい思えない。

もしアタシに来世が許されるなら、今度こそ後悔の少ない人生を送りたいのです。

普通でいい。

とりあえずは普通の家に生まれたい。

アタマはあんまりお粗末は困るけど、テキトーでいい。

見映えはちょっと上等を目指したい。

あとは健康でありたい。

ぜいたくかな。

昨日ノーベル賞もらったエライ先生は、「わたしは両親にいい遺伝子をもらった」と公言していました。

そんな人と比べるつもりなどさらさらないけれど、まあなんというお粗末な遺伝子ですこと。

あんまりじゃないかい。

この句も読まれています。

あれほどの 人も驕る(おごる)か 秋時雨(あきしぐれ)   ... n人間って、調子のいいときは図に乗るものです。あたしみたいな愚か者は。と思っていたのですが、私だけではないようです。人生がうまくいっているときって、ほとんどみんな調子に乗って、人の気持ちに鈍くなるみたいです。あんなに思いやりのあった人が、ふつうのひとになってしまっていることに、がっかりしました。そう...
「 累犯障害者 」 ( 4 ) 口話による会話ができるよう、いくら読唇術を覚えたところで、限界がある。 「たばこ」と「たまご」、「すき」と「ぐち」、「ぱぱ」と「まま」 「いいました」と「ききました」などなど。 口の形だけでは区別できない言葉は、何百、何千と存在する。 にもかかわらず、強制的に発音練習を続けるろう学校 算数にしても...
日 短 か や 胃 瘻 は せ ぬ と 決 め た る も... ひみじかや いろうはせぬと きめたるも 冬の一日があっという間に暮れてしまうのは、なんとももったいない。 冬は夜の長い季節です。 なのになぜ、夜長と言わず短日と言うのでしょう。 ひところは、食べられなくなれば、当然のように胃ろうにしていた病院が、最近では変わりました。 呼吸だけして意識もな...
正 座 し て 餅 膨 る る を 待 ち し 頃... せいざして もちふくるるを まちしころ わたしが子どもの頃、まだうちにはストーブは無くて、暖房手段は火鉢とアンカでした。 餅網をセットして、餅やアンコ餅、かき餅などを並べ、焼けるのをじっと待ったものでした。 なぜか神妙に正座していたと記憶しています。 どれほど寒かったことか、信じられない気持...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください