流 れ 星 来 世 の 夢 に 絞 り た り

ながれぼし らいせのゆめに しぼりたり

流れ星を見つけたら、消えないうちに三回願い事を言えばかなうと言われています。

時間があまりにも短いので、うまくいかなくて当たり前なのですが、なんとかかなうならと思って挑戦してしまいます。

もう現世のことはいい。

なんせ終わりが近い。

ここまで来たら、何を願ったとて、現状が劇的に変わるとはとうてい思えない。

もしアタシに来世が許されるなら、今度こそ後悔の少ない人生を送りたいのです。

普通でいい。

とりあえずは普通の家に生まれたい。

アタマはあんまりお粗末は困るけど、テキトーでいい。

見映えはちょっと上等を目指したい。

あとは健康でありたい。

ぜいたくかな。

昨日ノーベル賞もらったエライ先生は、「わたしは両親にいい遺伝子をもらった」と公言していました。

そんな人と比べるつもりなどさらさらないけれど、まあなんというお粗末な遺伝子ですこと。

あんまりじゃないかい。

この句も読まれています。

啻 な ら ぬ 猛 暑 今 こ そ 物 捨 て よ... ただならぬ もうしょいまこそ ものすてよ この暑さ、体温をはるかに超えて、吸う息の息苦しさ。 今なら、何も考えずに、不用品を捨てられる。 ああだこうだと理屈を言わず、さっさと捨てよう。 片付けよう。 自分が思っているほど、物は要らない。 どうせ死んだら、捨てられる物ばかりじゃないの。 この暑さだか...
待 機 機 の 見 え 隠 れ す る 春 霞 たいききの みえかくれする はるがすみ 滑走路が一本しかないためか、昔と比べて離着陸が極端に増えたせいか、よくあれで上手くやれるなと感心するほどの滑走路の混雑ぶりです。 空の上では、順番を待って旋回するものもあり、かすみのかかった春の曇り空の中、何処へ行ったのかと見失えば、とんでもなく遠方から、急...
聖 夜 過 ぐ ポ イ ン セ チ ア の 眼 の 泳 ぐ... せいやすぐ ぽいんせちあの めのおよぐ クリスマスが終わった。 今年はめずらしく振替休日で、世間の景色も少しは変わったかもしれない。 もてはやされたポインセチアは、役割を終えた。 ツリーは片付けるけれど、この花は処分というわけにはいかないでしょう。 居心地の悪そうな体裁で、部屋の隅っこに遠...
雁の寺 逃れられない 定めあり 水上勉 【 雁の寺】 昭和44年発行のこの文庫本を、もう茶色になって読みにくいこの本を、わたしはこの季節になると読み返す。人は降ろすことのできない荷物を背負って生まれるのだろうか。 与えられた環境で生きる術を探しながら、なんとか頑張るのだろうか。そうでもない人の多いこと。あしたも秋の雨が降るだろ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください