沈 下 橋 渡 り 若 水 汲 み に 行 く

ちんかばし わたりわかみず くみにゆく

遠賀川の上流に、沈下橋が残されています。

もうその数は減り、新しく作ることもないため、貴重なものとなっています。

支流の彦山川の源流で、若水を汲み、竹の筒に入れてくれるそうです。

沈下橋とは、洪水のときその橋が川の流れを妨げ、濁流がさらに被害を大きくするのを防ぐために、沈むことを前提に作られた粗末な橋です。

欄干もなく、幅もとても狭いため、用心して渡ります。

この句も読まれています。

秋 暑 し 神 の 手 求 め 診 察 券 Palms read (運命鑑定) / onigiri-kun ひと月に二回だけ、東京から 神の手を持つといわれる医者 が来ると評判の病院。裏から 手を回そうにも、ツテのない 人々が、すがる思いで、予約 に長い列を作る。神の手がど れほどのものか。確かにそう であっても、あとのフォロー はないに等...
電 車 行 く ホ ー ム の 椅 子 の 春 の 月... 慣れ親しんだ駅なのに、北口が出来、迂回が必要になり、通路は延びてちょっと迷ってる間に電車は出てしまった。 しばらくは来ない。 ベンチに座って待つことにする。 ホームの屋根と壁一面の看板の隙間に春の月。 寒いとはいえ凍てつくほどでもなく、ほっかりした月を見ながら時間をやり過ごす。 季節やお天気、時間そ...
梅の実のなる アパートの 小庭にも... 誰も世話しなくても青梅が鈴なり。 青梅に塩つけて食べたことある。 小学校のとき、六月の児童会の課題は「おなかをこわすから、青梅を食べない」だった。 いま、なんだろう。...
迎 え 火 を 焚 か ず ば き っ と 迷 い お る... むかえびを たかずばきっと まよいおる 横向いて喋りながら歩いて、電柱にぶつかったほどの慌て者のおっちょこちょいが、目じるしなしで、帰って来れるわけはない。 基本的なところで大間違いをし、違う舟に乗ったりしそうで、どうも心配だから、迎え火は盛大に焚かねばならない。 一番に走って帰って来れるように。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください