沈 下 橋 渡 り 若 水 汲 み に 行 く

ちんかばし わたりわかみず くみにゆく

遠賀川の上流に、沈下橋が残されています。

もうその数は減り、新しく作ることもないため、貴重なものとなっています。

支流の彦山川の源流で、若水を汲み、竹の筒に入れてくれるそうです。

沈下橋とは、洪水のときその橋が川の流れを妨げ、濁流がさらに被害を大きくするのを防ぐために、沈むことを前提に作られた粗末な橋です。

欄干もなく、幅もとても狭いため、用心して渡ります。

この句も読まれています。

烏 賊 釣 り や 灯 り の 下 で 辞 書 の 引 け... いかつりや あかりのしたで じしょのひけ 烏賊釣り船の明るさといったら、もうそれは驚かずにはいられません。 大げさでなくて、ホントに小さい字の国語辞典が読める明るさです。 あれでは、イカがだまされるのはしょうがないこと。 なんとかんちがいして、上がって来るのでしょう。 昼になったと思うのでしょうか...
水 換 へ は 汲 み 置 き て の ち 金 魚 玉... みずかえは くみおきてのち きんぎょだまむかしの人は、金魚を360度見えるようにと、まんまるいガラスの器に入れ、吊り下げて楽しんだといいます。今ではなかなか見ることがないのですが、青い縁取りのガラスに入った金魚がイキイキと泳いでいるのを見るのは、うれしいことです。四角い水槽で、酸素ぶくぶくは、金魚的...
「大阪池田小大量殺人事件」の宅間守 【訂正】... 先日、佐木隆三著 「大阪池田小大量殺人事件」の読後感めいたものを書いたけれど、あまりに著者に引きずられた感が否めず、なんか自分の中で引っかかっていましたので、しばらく自分なりに考えて、訂正すべきは訂正したいと思ったわけです。 宅間自身の言葉 「素質、運、環境だけでは片付けようのない、故意に邪魔する...
柚子(ゆず)たぽん たぽんと湯に入る 冬至の湯... 冬至には柚子の風呂に入るのがいいとされる。 湯気が、心なしか柚子の香。 風邪をひかないよう、ご先祖さま、よろしくお見守りください。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください