汽車走る 稲穂の中を 秋の田を

煙をはいて、汽車が走ります。
黄金色の稲穂の中を、ひたすら走ります。
空は青い秋の空です。
なにも言うことはありません。
贅沢を言わなければ、いまこの瞬間は幸せだからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください