水 禍 あ り 脈 々 と 植 う 水 田 植 う

すいかあり みゃくみゃくとうう みずたうう

あれほどの水禍。

収穫を寸前にして、倒れ沈んだ水田に、また一から土を作り、田を起こす。

畦を作り、水はけのための排水路を作る。

来年になればまた水を張り、苗を育て、暑い夏に草を取り、先祖がしてきたように守ってゆかなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください