水草も がまの穂もみな 時雨おり

時雨の雨は冷たい。
雨が顔にくっついて離れなくて冷たい。
まんべんなく、まんべんなくここもそこも雨が降る。
沼の水草も、真ん中の中洲に生えたがまの穂にも、いつまでもいつまでも
降りつづける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください