毒 ガ ス の 歴 史 は 知 ら ぬ 紅 葉 狩 り

どくがすの れきしはしらぬ もみじがり

大久野島。

瀬戸内海の小島。

戦前よりほぼ全島域が国有地。

明治初期欧州列強の艦船の進行に備えるため要塞が置かれたとか。

日清日露に備えられたものの、そのときは一度も使われていないらしい。

現在も、戦争の遺構として保全されています。

昭和初期からは、「地図から消された島」。

この島では、太平洋戦争で使用するための毒性のガスが帝国陸軍によって秘密裏に製造されていたからです。

毒ガスは、血液剤、催涙剤、びらん剤、嘔吐剤とのこと。

その他戦争末期には、風船爆弾の風船部分もつくられていたそうです。

日本の敗戦色がより濃くなると、日本軍は証拠隠滅を図り、島内部に貯蔵されている大量の毒ガスを、島周辺の海域に放棄。

島内では今も内部が空の巨大なコンクリート製の毒ガス施設がその姿を残し、その危険性のため立ち入り禁止区域とされているとか。

現在、この島には約700羽の野生ウサギが生息していると言われます。

毒ガスの動物実験用にウサギが当時より飼われていたことから、それらが増えたのでしょうか。

旅行会社が国内外向けにウサギをテーマとした旅行プランを企画したことから、ウサギの島として世に知られることとなりました。

黒い歴史はみごとに塗りつぶされ、すっかりウサギの島として定着の感です。

この句も読まれています。

き ち き ち と 言 は ば 居 場 所 の 丸 わ か り... きちきちと いわばいばしょの まるわかり バッタの仲間です。 精霊バッタは、お盆のころに出てくるからこの名前が付いています。 別名、キチキチ。 オスよりメスが大きい。 後ろ足が発達していて、体長の数十倍もの距離をジャンプするそうです。 飛ぶときに、キチキチと音を出します。 変な音出すから、どこにい...
黄落に ひなた探して 落ち葉踏み 樹々の長い影、一面のもみじ、ポケットに手をいれて、出したばかりのナフタリンクサイマフラー巻いて、日なたを選びながら歩く。 人生の状況は良くないけど、思わず秋の空を仰ぐ。 iPhoneからの投稿...
穴 に 入 る 蛇 が 横 切 る 稲 荷 裏 あなにいる へびがよこぎる いなりうら 「蛇穴に入る」という季語があります。 秋になって早々に冬眠に入るということでしょうか。 考えてみれば、日本のヘビは気の毒です。 ただそこにいるからと、棒で叩かれ、小学生から大人までもが攻撃の対象にします。 危険なのは、マムシくらいのものじゃないかと思...
蜥 蜴 ( とかげ) 鳴 く 魔 が さ す こ と の 一 度 あ り... この人が、なんで?と思うことがある。 世の中の、小さなと言えば語弊があるが、この人がこんなことをと、周りの人間が驚く犯罪は多いに違いない。 そして、そのことで仕事を失くす、場合によっては、家庭も壊れる。 なんでこんなことをと、いちばん戸惑っているのは、本人かもしれない。 大きい小さいの差はあっても、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください