正 座 し て 餅 膨 る る を 待 ち し 頃

せいざして もちふくるるを まちしころ

わたしが子どもの頃、まだうちにはストーブは無くて、暖房手段は火鉢とアンカでした。

餅網をセットして、餅やアンコ餅、かき餅などを並べ、焼けるのをじっと待ったものでした。

なぜか神妙に正座していたと記憶しています。

どれほど寒かったことか、信じられない気持ちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください