橋脚に 凭れて(もたれて)土筆(つくし)の 袴(はかま)取り

那珂川の堤防の端にすわって、春の
空気を吸ってみる。足下の土筆を手
すさびに取って、はかまを取ったり
なずなの葉を少しずつ下にずらして
鈴のように振ったりした。逃げも隠
れもしない春が来た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください