椎 落 つ る 石 畳 な ら 三 転 が り

しいおつる いしだたみなら みころがり

落ちている実を見つけたから、これが椎の実と気づきました。

どんぐりよりやせた感じです。

アスファルトの坂道に落ちたものは、どこまでも転がって、側溝に落ちるのですが、

石畳の坂道では、ゴツゴツしているため、そうはならず、3回くらい転がって留まります。

ガレージの屋根なら、大きな音がして驚きます。

この句も読まれています。

糸 雨 の あ と 沈 丁 さ ら に 匂 ひ た ち... しうのあと ちんちょうさらに においたち 未明から糸のような雨がやむことなく降り続いて、小さな庭は久しぶりにひと息ついているようです。 沈丁花は、樹形が丸くて、さらに花が愛らしいことで誰にも好まれる身近な花です。 紅色の薄く混ざった白と、紅色がひとつの花のように見えます。 花のように見えて、花では...
秋立ちて 虚しきことを している感... 目処の立たない面接を受けている。どうせ駄目な予感満載なのに、じっとしていられない馬鹿。何だろう私は。
陶 器 市 白 磁 に 若 葉 映 り 込 み とうきいち はくじにわかば うつりこみ 有田陶器市が、天候にも恵まれ盛況の中終わりを迎えたと聞きます。 陶器自体が、昔からの「これぞ有田焼き」とはちがう 新しさがそこここに見られ、若い層にも浸透していることがうかがい知れる感じです。 ただ、陶器市以外の日、一年の360日の有田は、通りにひとっ...
蛍草 これでもかと 膨れおり ツリガネソウ(蛍袋)のかたちが好きです。プーっとふくらんで、花片のさきはクルっと、まるで包装用のビリールひもをわざとクリンクリンにくせをつけたみたいに、カールしているのです。 わたしも写真を載せる技術を学ばねば。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください