椎 落 つ る 石 畳 な ら 三 転 が り

しいおつる いしだたみなら みころがり

落ちている実を見つけたから、これが椎の実と気づきました。

どんぐりよりやせた感じです。

アスファルトの坂道に落ちたものは、どこまでも転がって、側溝に落ちるのですが、

石畳の坂道では、ゴツゴツしているため、そうはならず、3回くらい転がって留まります。

ガレージの屋根なら、大きな音がして驚きます。

この句も読まれています。

紫の 濃いところあり 春の闇 うらうらとした空気が、そのまま暮れていく春の夕暮れ。 濃い紫、薄い紫が漂っているようです。 冴え切った冬とはちがう、春の宵です。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
秋の 夜 白 熱 灯 に 暖 を と り 世の中LEDばかり、エコで、しかも長持ちすると。 ただ、今の季節せめて食卓は、白熱灯の暖かみがほしい。 わたしの作った、しょうもない料理も、明かりのおかげで、見られるものになる。 秋刀魚に大根おろし、かぼす。最後におくらを載せて肉じゃが、なめこと豆腐の味噌汁、湯豆腐は面倒なので、冷や奴、たったこれだ...
道幅の 拡張されて さみしかり あちこちで道路拡張工事がさかん。昔歩いたあの道もこの道も根こそぎ潰されて、曲がったところは正されて、駅前はロータリーになって、裏道も近道もどこへ行ったんだろう。...
弁 当 を 運 ぶ 自 転 車 青 田 風 田植えの田圃に弁当を運ぶのだろうか。弁当らしい包みをしっかとロープで括り付け、青田の風の吹き渡る中、自転車が行く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください