椎 落 つ る 石 畳 な ら 三 転 が り

しいおつる いしだたみなら みころがり

落ちている実を見つけたから、これが椎の実と気づきました。

どんぐりよりやせた感じです。

アスファルトの坂道に落ちたものは、どこまでも転がって、側溝に落ちるのですが、

石畳の坂道では、ゴツゴツしているため、そうはならず、3回くらい転がって留まります。

ガレージの屋根なら、大きな音がして驚きます。

この句も読まれています。

待宵に 便りなどする 雨の降る わたしは手紙を書くのが好きです。 つたない文章ですが、心をこめて書きます。 一度にはなかなか言葉が思いつかないので、2,3日かかります。 じーっと考えてるわけではないのです。 引き出しに紙と鉛筆を入れておいて、思いついたときに、思いついた文章をちょろっと 書いておくのです。 とくに用事のない手紙は、...
半 夏 生 紅 を 濃 く 引 き 家 を 出 る... はんげしょう べにをこくひき うちをでる ハンゲショウ。 七月の初めごろ。 この日は、天から毒が降るとのことで、野菜は食べず、竹の節に虫が出るので、以後タケノコを食べないとされてきたと。 まだ梅雨のさなかで、ときに大雨になると言い伝えがあるそうです。...
ツ ユ ク サ の 群 生 の あ り 廃 教 会... ツユクサ / houroumono いつの頃からか、使われなくなった教会。 屋根の十字架はそのままに、庭は秋の草 花の咲き乱れ。片隅にツユクサの群生を 見つけた。これほどの群生は、見たこと がない。今日はいい日だ。ツユクサの、 あの嘘みたいな青い色、服の色ならさぞ うんざりするだろうあの青。朝だけ...
す か ん ぽ や 鞄 ( かばん ) 蹴 り 蹴 り 帰 り 道... 小学生は平常運転 / fukapon 気候がよくなった。 布製のお手製の鞄を、肩から斜めにかけて歩いていたけれど、別に急ぐ道でもなし、膝で、ぽかんぽかんと蹴飛ばしながら、あるいてみた、田舎道。 子供の頃はよくやった。 体操服や、給食袋、蹴っ飛ばしながら歩いた、下校道。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください