梅 雨 晴 れ や 旧 街 道 の 細 き こ と

つゆばれや きゅうかいどうの ほそきこと

飯塚の伊藤伝右衛門邸は長崎街道に面しています。

長崎街道は、江戸時代に整備された、九州でひとつだけの脇街道で、小倉から筑紫野、筑豊、佐賀、諫早を経て長崎に至る288キロの道で、宿場数は25以上あったとか。

7泊8日の行程。

当時鎖国体制をしいていた日本で、唯一外国との交流のあった長崎から、文化、技術を伝える文明の道として大いに栄えたとか。

象やクジャクも通ったと。

華々しい解説はあるも、実際の幅はおそろしく狭く、その狭さは驚くほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください