梅 雨 ラ ヂ オ よ り 能 古 島 の 片 想 ひ

つゆらじおより のこのしまの かたおもい

井上陽水 能古島の片想い

「つきせぬ波のざわめく声に今夜は眠れそうもない。
浜辺に降りて裸足になれば、とどかぬ波のもどかしさ
僕の声が君にとどいたら、ステキなのに」

まさに、片想いの美学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください