梅雨寒に 珈琲店の 器抱く

暑いと思ったら、この寒さ。
半袖で震えて、コーヒー屋(むかしで言うなら喫茶店)で、熱い珈琲を飲む。
両手で器を抱えて、暖をとる。

この句も読まれています。

蝉のごと 鳴いてばかりで 振り向かず... ジージーとうるさく鳴き続ける蝉。訴えるばかりでは男は振り向かぬ。手立てを学べ。雰囲気つくれ。
雪 も 泣 く 月 も 泣 く な り わ れ も 哭 く... 月 / pika1935 年をとるにつれて、人には言えない哀しさが身を包むことが増えるような気がする。明るいと言われるけれど、暗い鉛玉のようなものを、いつも胸の奥に転がしている。何にもないときには、右に左に適当に転がって、意識することもないのだけれど、ひとたび傷ついたり、つまづいたりすると、鉛玉は、...
春 雷 の ご と 閃 い た 飽 き ら れ た... しゅんらいの ごとひらめいた あきられた ずいぶんとむかしのこと。 好きな人がいました。 好かれていると信じていました。 というより、信じきっていました。 このまま幸せが続くと思い込むあたり、やはり若かったのでしょう。 何かおかしい。 距離を感じる。 それでもまだ、こっちを向いていると自信をもっ...
冬もみぢ 昇開橋を 遠く見て 福岡県大川市筑後川にかかる昇開橋。 船が川を通るときは、橋が上がる。 赤い素敵な橋。 大昔からあったらしい。エツ料理を食べに行ったとき見つけて、 とりこになった。 元気なとき、時間のあるときに見に行く。 筑後川は果てしなく大きく、こっちの岸から見ると、 手前の冬もみぢの向こうに橋が写って、秋を満喫で...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください