梅雨寒に 珈琲店の 器抱く

暑いと思ったら、この寒さ。
半袖で震えて、コーヒー屋(むかしで言うなら喫茶店)で、熱い珈琲を飲む。
両手で器を抱えて、暖をとる。

この句も読まれています。

春 の 月 信 号 待 ち も 物 想 ひ 春の月は朧。 小さな街ですが、市役所に向かう三叉路はスクランブル交差点の形式です。 スクランブル交差点は、自由自在に渡れるけれど、待ち時間が長いです。 苦にはなりません。 月を見ていれば。...
夏 の 果 て 鉄 路 も 駅 も 高 上 が り... なつのはて てつろもえきも たかあがり もう十年越しの計画です。 朝夕のラッシュ時に遮断機が下りっぱなしで、クルマが通れない状態が長く続いているから、その解消のために、高架にすることが計画されました。 目の前の光景が変わり出すまで、その進捗状況をあまり気に留めなかったのに、 いざ家の前の細い...
こ ん な 色 訝 し げ な り 枯 蟷 螂 こんないろ いぶかしげなり かれとうろう 夏場は緑色に輝いて鎌を振りかざしていたカマキリも、もうそろそろ命の終わりを迎えます。 身体は枯葉色に変わっていきます。 何気なく振り上げた鎌、ひねった胴体のあたりか、自分も此処まできたかと客観的に己を見ていそうな雰囲気があります。 まだまだ勢いのあるときに...
松虫に 台風の余波 被される 別に松虫がとりたてて好きなわけではないのですが、秋の夜長といえば、松虫かなと。 うちで鳴いているのも松虫に違いないと思われるのです。 台風が迫ってくる、あの恐ろしい感じ。 松虫は人間以上に震えているでしょう。 じわっじわっとくるのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください