梅雨寒に 珈琲店の 器抱く

暑いと思ったら、この寒さ。
半袖で震えて、コーヒー屋(むかしで言うなら喫茶店)で、熱い珈琲を飲む。
両手で器を抱えて、暖をとる。

この句も読まれています。

延 々 と 米 研 ぐ 夢 や 時 雨 る る 夜... えんえんと こめとぐゆめや しぐるるよ わたしは、一年中どんな天候でも、ほんの少し窓を開けて寝る癖があります。 閉め切っていると息が詰まる気がするのです。 そのせいで、外の音がよく聞こえるからかもしれません。 米を研ぐ音、時雨の音。 夢はよくみます。 とくに悪夢というものはありません。 ほとんどは...
撒 き 餌 か な 鯛 を 釣 ら む と 義 理 の 愛... まきえかな たいをつらむと ぎりのあい はじめの頃は、大いに世間を騒がせ、にぎわったものです。 バレンタインデー。 義理チョコとアタマでは理解しながら、やっぱり相好を崩してよろこぶおじさんたち。 はじめはそれなりに純粋でよかった。 そのうち邪心が芽生え、ホワイトデーのお返しを期待して、安物...
花過ぎて 人はみなみな 新しき春 寒い日がとても長く続いた。いつの間にか春が来て、桜が咲いたかと思うともう満開。新しい一歩を踏み出す人が何人もいると、踏み出したくとも道の無いわたしはこのごろさっぱり元気がでない。面白くない仕事に出かける。決まったことを決まったようにやる。ときどきこっそり大きなため息をつく。なんにも考えないように努力...
冬桜 ふとたじろいで ときめきもせず... 冬に桜を見ると、ふと足を止め、見はするが、さほど感激はしない。やはり咲くときに咲くのがいいのか。返り花も好き ではない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください