梅 雨 入 り か 目 に 汗 の 入 る 風 呂 仕 事

ホタルブクロ (蛍袋) / Bellflower
ホタルブクロ (蛍袋) / Bellflower / Dakiny

今日はもう梅雨入りなのか。
やたら湿っぽい。
風呂の仕事は、ただでさえ重労働で、汗をかくのですが、今日は特別、湿度が高いのか、体調がいまいちなのか。

この句も読まれています。

銀杏落葉(いちょうおちば) 狛犬(こまいぬ)に降る 苔(こけ)に落つ... 近所のお宮のの大銀杏。 止むことを知らず。大空から狛犬に振り落ちる。 緑の苔の上にも音もなくふり重なる。こんな小さなお宮には七五三のお詣りもないようで、 十一月半ばもいつもと同じ風景。 主役は銀杏落葉。...
ひ た す ら に 来 し が 遠 火 事 見 る ご と し... ひたすらに こしがとおかじ みるごとし そのときはそれなりに頑張ったつもり。 間違った選択も数々あったけれど、間違いながらもその時々は一生懸命やってきたつもりです。 過ぎてみても、遠い過去となっても、わたしなりには困難を極めた生活だったと、今となってもそう思います。 想い出 なんてものではありませ...
幼 な の 面 目 の 位 置 合 は ず 夜 店 か な... おさなのめん めのいちあわず よみせかな 鉄腕アトムやウランちゃん、今ならドラえもんやアンパンマンか。 プラスチックのお面屋さんの前は、どれにしようか決めかねている子どもたちで繁盛しているよう。 上手く被っても、目の位置がお面の方が離れているみたいで、よく見えないのです。 わたしの頃は、片目だけ合...
暖 鳥 放 つ 優 し さ つ ひ と 見 え ぬくめどり はなつやさしさ ついとみえ おそらくハヤブサやクマタカのことだろうと言われている、仮想季語です。 猛禽類が、捕らえた小鳥の体温で、自分の身を暖め、翌朝になると、その小鳥を放してやるという話があります。 そして、小鳥の飛び去った方向へは、その日は狩りに行くことはないといいます。 こ...