梅雨まじか 紺青の空 茄子の花

もう六月、梅雨入りが近いのか、晴れた空が落ち込むように暮れるとき、深い青ガラスのような青色を見せる。そして茄子の花の、さわれば手につきそうな紫、昼間はじっとり汗ばむが、夕方には涼しい風が吹く。落ち着いた、遅い春の色合い。

この句も読まれています。

諍 ひ も ひ と 夜 に 忘 る 牛 膝 いさかいも ひとよにわする いのこずち むかしは、むかついたら何時までも忘れず、怒りを持続させたものです。 最近は、一晩寝たら、なんで喧嘩になったか、ちょっと考えないと思い出せないことがあります。 別に人間ができたわけじゃないのです。 記憶力が落ちただけのことです。 情けないことです。...
秋台風 おかしなスパン 感じ取り 職場の空気が変わった。 昨日まで、どうにか親切だった人が、攻撃に転じた。 管理者もそれに乗る。 疲れてるなら、帰ったらと言われた。 わたしは疲れたなんて言ってない。 このパターンは覚えがある。 どうすれば乗り越えられるのか。 暗い顔をしていては、火に油を注ぐ。 おそらくたんたんと、媚びず、平然と、 ...
花 石 榴 い ず れ 想 ひ の 実 を 付 く る... はなざくろ いずれおもいの みをつくる あのかっぱり割れたざくろの実。 種ばかりで、食べるところはなく、果汁を吸うしかないのだけれど、なぜか魅力的です。 花はオレンジで、小ぶりで綺麗です。 ただ幹がゴツゴツして、見栄えがせず、冬のあいだはその醜さを我慢しなければなりません。 食べるほどの実もならず...
裏 山 は 釣 瓶 落 と し に 鬼 と な る... うらやまは つるべおとしに おにとなる 山に沿って建てられた家々が地すべりの被害を受けました。 昼間は、あれこれとやることも考えることもたくさんあって忙しかろうと思われますが、釣瓶落としの秋の夕暮れには、裏の山はさらに大きく迫り、恐ろしいものにへんげするのではないか。 隣町には、こんなところは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください