梅雨まじか 紺青の空 茄子の花

もう六月、梅雨入りが近いのか、晴れた空が落ち込むように暮れるとき、深い青ガラスのような青色を見せる。そして茄子の花の、さわれば手につきそうな紫、昼間はじっとり汗ばむが、夕方には涼しい風が吹く。落ち着いた、遅い春の色合い。

この句も読まれています。

冬 日 差 し 被 爆 ド ーム の 鉄 骨 も ふゆひざし げんばくどーむ てっこつも 原爆ドーム。 維持するために、幾多の工事そしてあまたの鉄骨で補強がなされています。 風雨にさらされ、夏の濁署にも耐えて。 広島は、被爆後街を立派に造り過ぎて、原爆の悲惨さを感じにくい都市になったと言われます。 数少ない原爆証人として、がんばってもらわ...
風 誘 ふ あ や め の 蕾 弛 び あ り かぜさそう あやめのつぼみ ゆるびあり 五月の風を受け、硬く硬く巻かれたアヤメのつぼみが、少しずつながらゆるんできました。 あやめはつぼみもきりっと美しく、咲いた姿も凛として、見飽きることのない美しい花です。 あの濃い濃いムラサキが、ショウブやアイリスには見られない風格をかもし出します。 た...
薄らいで 時雨の音を 刻み込む  私は夜中に必ず目が覚める。雨が降っているときは幸せ。とくに寒い季節の時雨の頃は雨の音や風の声を聞きながら、あれこれと考えてもしょうがないことに想いを巡らす。そうこうしているうちにまたうとうと寝入ってしまう。雨は落ち着く。...
ざばざばと 霙(みぞれ)降る 今年も終わる ... 年末ぎりぎりまで仕事、もう今年もあと何時間。すごい勢いでみぞれ降る。急ぎ足で帰る。今年が終わるというより、今日が終わる、それだけ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください