梅雨まじか 紺青の空 茄子の花

もう六月、梅雨入りが近いのか、晴れた空が落ち込むように暮れるとき、深い青ガラスのような青色を見せる。そして茄子の花の、さわれば手につきそうな紫、昼間はじっとり汗ばむが、夕方には涼しい風が吹く。落ち着いた、遅い春の色合い。

この句も読まれています。

ク ロ ー バ ー 摘 む を の こ 鬱 し 若 き こ ろ... くろーばー つむおとこうし わかきころ 四つ葉のクローバー探すなんて、ぜんぜん興味なかった。 あれは、踏みつけて歩くか、疲れて座るものと心得ていた。 屈んで探し、見つけたと得意そうに渡してくれるクローバーもその人も疎ましかった。...
もうちいと こっちを見いよ 冬蜜柑... あたしがどういう人間か興味がわかんのかい。すこし探ってみようとは思わんのかい。
未 明 に は 雪 の 積 む 音 貨 車 の 音... みめいには ゆきのつむおと かしゃのおと 底冷えで目が覚めることがあります。 ふだんの寒さとはちがう、力の入った冷え方です。 そおっと外を覗き見れば、やはり雪です。 遠くを行く列車の音は、なかなか聞こえにくいものですが、途中に川があって、その上を通過するとき音がかわります。 そこだけは、よく聞こえ...
免 れ ぬ 水 禍 に 馳 せ る 桃 並 ぶ まぬかれぬ すいかにはせる ももならぶ たいへんな災害が続いたこの夏。 果物の産地は何処も、摘果を前にさんざんなことになりました。 わずかに災いを免れた桃やブドウが店先に並びます。 まだまだ立ち直れない故郷に想いを馳せながら。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください