梅雨まじか 紺青の空 茄子の花

もう六月、梅雨入りが近いのか、晴れた空が落ち込むように暮れるとき、深い青ガラスのような青色を見せる。そして茄子の花の、さわれば手につきそうな紫、昼間はじっとり汗ばむが、夕方には涼しい風が吹く。落ち着いた、遅い春の色合い。

この句も読まれています。

片恋や 銀杏落葉の 褪めぬうち 想いをうちあけるときは、一日延ばしにしてはいけない。自分で自分の背中を押して、思い切らなければいけない。 銀杏落葉のあざやかな今、冷たい霙の降らぬうち、木枯らしが吹き抜けぬうち。...
す か ん ぽ や 鞄 ( かばん ) 蹴 り 蹴 り 帰 り 道... 小学生は平常運転 / fukapon 気候がよくなった。 布製のお手製の鞄を、肩から斜めにかけて歩いていたけれど、別に急ぐ道でもなし、膝で、ぽかんぽかんと蹴飛ばしながら、あるいてみた、田舎道。 子供の頃はよくやった。 体操服や、給食袋、蹴っ飛ばしながら歩いた、下校道。...
寄せ書きは ごみに出したり ほーほけきょ... きれいごとばっかり、嘘八百の寄せ書きは、捨てちゃいました。
お ん ぶ 帯 見 つ け 師 走 の 温 か し... 随分前からおんぶを見なくなった。 格好が悪いからだろう。 赤ちゃんは、前に括り付けることが当たり前になってしまっていた。 転ぶと危ない。 おんぶなら、背中にぴったり。 赤ん坊の脚にも、この方がいいと聞く。 両手が空く。 いざという時、両手が使える。 今日見かけたのは、昔ながらの紐のおんぶ帯ではなく ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください