花 の 季 や 炭 塵 爆 発 二 十 年

はなのきや たんじんばくはつ にじゅうねん

大牟田 三井三池炭鉱 炭塵爆発。
その後の閉山から、今日で20年になるとのこと。
458名の死者、一酸化炭素中毒患者893名を出し、
その後の三池争議に繋がったと聞きます。

桜が何回咲こうと、脳にダメージを受けた人が回復するはずもなく、医療の質も、年月が経つにつれ、国策によって、低下している現状とのこと。
本人も家族もどれほど苦しんできたか、今もなお続く痛みに、水俣の悲劇を思ったりもします。
目にし耳にするたびに、神や仏はあるのかと思わずにはいられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください