枯れ蔦に 赤い芽の付き 春隣り

しっかりとコンクリートの壁にへばりついている、
枯れ蔦のそこかしこに、赤い芽が出ているのを、
今日気がつきました。
雪の舞う、この冬一番の寒気の朝に。
春がとなりに来ているのかもしれない。
いつから春で、どこから冬がはじまるか、
人生では、もっとわかりにくいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください