枕 皺 顔 に 写 し て 夏 祓

まくらじわ かおにうつして なつはらい

夏越の祓。

正式には、一年の半年が過ぎた6月30日に行われる神事です。

この半年のケガレを落とすため、そしてこれからの半年の健康と幸せを願うのだそう。

俳句の会では、夏越のはらえと称して、ただの飲み会をします。

夕方遅くからですから、句会の後いっぺん帰って、昼寝してから来ると、枕のシワくっきりで、バレバレです。

年齢のせいか、取れるまでに相当の時間を要します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください