松 の 芯 手 入 れ 怠 る 松 に な お

まつのしん ていれおこたる まつになお

晩春、松の枝先にはロウソクを立てたような新芽が 伸びます。

それを「若松」「松の芯」などとよぶらしい。

松と呼ばれる樹々は二百種もあるらしく、日頃目にするのは、黒松、赤松、五葉松。

とりわけ黒松は、まっすぐに天を指すように伸びた芯が目立ち、すがすがしいというのが一般の評です。

松の手入れは、度々行わなければならず、手間と時間、そして何よりお金がかかると言われています。

手入れの行き届いた松も、放ったらかしの松も、ほぼ変わらず「松の芯」が育つようで、うれしいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください