本 当 を 言 は ぬ 嘘 つ き 吾 亦 紅

ほんとうを いわぬうそつき われもこう

ウソをつく人間だけがウソつきではない。

本当のことを知っていて、知らぬふりして教えないのも、おんなじウソつき。

まだ幼い頃、身にしみて習得したこと。

オトナは子どもをなめている。

なめ過ぎている。

この句も読まれています。

原 爆 忌 サ イ レ ン は 降 る あ の 日 よ り... げんばくき さいれんはふる あのひより 原爆の日のあの時刻に鳴り渡るサイレンは、ぼうだの涙が落ちる音。 痛いと言う人、熱いと言う人、水と言う人、その後の長い人生を苦労苦労で送るしかなかった、幾万の人々の哀しみが降り注ぐなみだのように、長い年月を経てもなお、どんな弔辞よりこころ打つものだとわたしは...
紅 の 花 半 夏 生 な ら ひ と つ 咲 き... べにのはな はんげしょうなら ひとつざき 江戸時代、口紅として重宝された、紅花。 色ははっきりとした黄色です。 不思議です。 何度も洗い、洗い流し、1日目は黄色、二日目になると紅色に変化し、餅のように丸めて天日で干すのだそうです。 それから長い道のりを運ばれ、京都に着くのです。 さらに職人によって...
初 帰 省 訛 り は 無 か り し こ と と し て... はつきせい なまりはなかりし こととして ほんの数ヶ月前、東京の大学にやっとこさ合格し、おそるおそる旅立った。 はじめての夏休み。 生まれも育ちも東京といういでたち、言葉、生来の江戸っ子のような上から目線。 元気ならそれでいい。...
もみぢ踏み あしたのことの 気にかかり... もみぢの季節が大好きで、一年中待っているのに、 さあ十一月となると、煩雑な用事や、突発的な 身内の問題や、そこまで言わなくてもと思う 職場の上司や、あたしの落ち度に気を良くして、 ルンルンのとなりの席の人のにんまりといいこぶっているところが 妙に不愉快で、この大切な季節を逃そうとしている。 わたしが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください