本 当 を 言 は ぬ 嘘 つ き 吾 亦 紅

ほんとうを いわぬうそつき われもこう

ウソをつく人間だけがウソつきではない。

本当のことを知っていて、知らぬふりして教えないのも、おんなじウソつき。

まだ幼い頃、身にしみて習得したこと。

オトナは子どもをなめている。

なめ過ぎている。

この句も読まれています。

張り替えて 秋の西日の 障子張り 商事を張り替えた。夏の日差しで黄色に変色していたから。なぜにそんな元気が出たかというと、仕事が決まったから。なぜか、面接って、前の職場を辞めたわけを聞きたがる。嘘八百言うてやった。いじめられて耐えられなくなったからなんて、言えるわけないじゃないの。障子は布にした。近所の生地屋さんが夏のバーゲンやって...
卯 浪 立 つ 饒 舌 こ そ は 怪 し け れ... うなみたつ じょうぜつこそは あやしけれ 卯浪。 五月ごろには天候が不安定なことが多く、その頃に立つ波。 人は、誰かを裏切ったとき、よく喋ります。 有名なのはユダ。 キリストを裏切って密告します。 キリストはそれをすでに察知しており、 貴方は何故そんなに喋るのかと尋ねます。 その他の兆候としては...
目 分 量 沢 庵 漬 け の 逞 し さ めぶんりょう たくわんづけの たくましさ 沢庵を漬けるには、大根の重さに応じて、塩や砂糖、糠などを入れます。 大根の重さに応じてというところが、難しいところです。 料理の秤では計れない重さですから。 そこは年の功です。 年季です。 手掴みで、ほいほいと入れていきます。 姉さん被りに、自信があふれま...
雨 降 り て 袖 濡 ら し た り 乱 れ 萩... あめふりて そでぬらしたり みだれはぎ あれほどにたおやかで咲き誇るわけでもない、静かな美しさを漂わせた萩も、 暴風雨の後は見る影もなく、細い小径に覆いかぶさって、カニ歩きで通ったけれど、服は濡れてしまいました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください