本 当 を 言 は ぬ 嘘 つ き 吾 亦 紅

ほんとうを いわぬうそつき われもこう

ウソをつく人間だけがウソつきではない。

本当のことを知っていて、知らぬふりして教えないのも、おんなじウソつき。

まだ幼い頃、身にしみて習得したこと。

オトナは子どもをなめている。

なめ過ぎている。

この句も読まれています。

星月夜 むかしのオトコの 声がする... なんてみっともないことでしょう。 でも人間、自分をよーく観察すれば、そして恥を恐れなければ、だいたいそんなもんだと想うのです。 秋は、人を寂しくさせます。 懐かしい声が聞きたくなったりします。...
三年の 日記は止めん 初日の出 三年日記をつけてきた。 便利といえば便利。 なんか同じ道を歩いているような気がして、今年は新しいのに書き始める。 形式も変えた。 ただ書き連ねてると、愚痴ばかりになるから。 今日したこと、あったことを、箇条書きで五つ書き出す。 その感想を、一行か二行書く。 それだけ。 何も成果のない日には、五つはき...
癌 切 除 言 ふ た で な い か 青 葉 木 菟... がんせつじょ いうたでないか あおばずく 「すべて取り除きました」確かにそう聞いた。 なんで今ごろ。 5年生存率なんて、たんたんとと言うというより人ごとな感じ。 まあ、ああいう言い方が事務的でいいのでしょう。 死なないでいれば生存率なのでしょうか。 末期であっても、生きていれば生存に加算...
踏 み 切 り の 向 こ う は 見 え ず 梅 雨 出 水... 土砂降りになった。空梅雨などと嘘ばっかり。 少し先も見えない。叩きつけるような雨。 電話も聞こえない。 滝壺のよう。 数年に一度、こんな雨に逢う。 30年ほど前、長崎の水害。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください