木枯らしに 恨みつらみが 息をする

夜も遅くなて帰る道すがら、頭を突き出すようにして前かがみで歩く。ふとなんの脈絡もなく、頭をよぎる、遠い昔の過ぎ去った人、あれはこういうことだったのか、今さらながら気がつくこともある。あんまりいいことではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください