木の葉髪 つむじを隠す 術ばかり

髪が減った。髪さえ多ければ、きっと眠れる森の美女、
シンデレラ姫くらいにはなってたかもしれないのに、
つむじが気になって、色気が出ないでいる。
ふさふさとロールした美しい髪であるなら、おそらく
人生は変わっていただろう。
でも諦めてはいない。
今日美容室のお姉さんに尋ねた。わたしに似合う髪型。
わたしの意見を聞かずに、さっさと決めてほしいと。
きっと来年は、見違えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください