月 夜 に は 古 墳 を 守 る 狐 立 つ

つきよには こふんをまもる きつねたつ

先祖は耳納連山のふもとの豪族だったという人に聞いた話です。

家は古くて大きく、まさに旧家という構えで、屋敷内にいくつかの墓と古墳とおぼしき塚があったと。

その塚を壊して、分家のための家を建てようかと相談していたその晩、けたたましく狐の集団が鳴き騒ぐため、その話はご破算になったと。

それから何年も経ってついに塚を壊したところ、彩色を施した立派な古墳だったとのこと。

その跡地に建てた分家は滅びてしまい、それきりキツネは鳴かなくなったというのです。

キツネはむかしから、人をだますと言われたものです。

もしかしたら、人間がとうになくした野生の第六感のようなものを持ち合わせているのかもしれません。

この句も読まれています。

な る よ う に 任 せ 風 船 葛 か な なるように まかせふうせん かずらかな 風船葛 夏に白い小花が咲いたあと、秋になると小さな風船のような緑色の実をつけます。 蔓性の巻き髭が、何かに絡みつきながら成長します。 小さな実が風に揺れているさまは、涼しげで、人気があります。 頑張ってもどうしようもないというより、頑張るだけ悪い方に転じると...
河童忌に 湿った蔵書の 紐を解く 昭和の本を本箱にぎっしり詰めている。 一冊出すと、もうたいへん。 湿度が高く、ブアブアしているから、戻せない。 色は変わって、仮名遣いも昔。 捨てようか。...
長 縄 跳 び 責 任 感 に 秋 見 え ず ながなわとび せきにんかんに あきみえず 子どもの頃から、とにかく苦手なのです。 長縄跳び。 誰が失敗したか、すぐわかるからです。 失敗するわけにはいかないのです。 始めの方ならまあなんとか、でも回数が増えるに従って失敗できない重圧がかかってきます。 リズム感がイマイチなので、楽しむなんてことはあ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください