月 夜 に は 古 墳 を 守 る 狐 立 つ

つきよには こふんをまもる きつねたつ

先祖は耳納連山のふもとの豪族だったという人に聞いた話です。

家は古くて大きく、まさに旧家という構えで、屋敷内にいくつかの墓と古墳とおぼしき塚があったと。

その塚を壊して、分家のための家を建てようかと相談していたその晩、けたたましく狐の集団が鳴き騒ぐため、その話はご破算になったと。

それから何年も経ってついに塚を壊したところ、彩色を施した立派な古墳だったとのこと。

その跡地に建てた分家は滅びてしまい、それきりキツネは鳴かなくなったというのです。

キツネはむかしから、人をだますと言われたものです。

もしかしたら、人間がとうになくした野生の第六感のようなものを持ち合わせているのかもしれません。

この句も読まれています。

汗 拭 ひ ( ぬぐい ) 恋 愛 線 を 確 か む る... 占いなんてものは信じない。 いいこと、悪いこと順繰り回しているだけだ。 おみくじだって同じこと。 でも、大吉が出ると、ちょっと嬉しくて、情けない。 ただ、今でも不可思議で奇妙で、怖いことがある。 むかし職場に、ミシン販売のおばさんが来て、「 ちょっと貴女、間違ってたらごめんなさい。ご両親揃ってらっし...
胡 桃 割 る 力 加 減 に 力 込 め 胡桃を割るのには、おおむかしはペンチを使っていたけれど、今はもうくるみ割り器で割る。 でも、力加減が必要なのは同じだから、とても気を使う。 弱すぎれば、もちろん割れないし、ばか力を発揮すれば、粉々になって、胡桃と殻が混ざってしまうし、後始末もたいへん。 ということで、肩に力が入り、眉間にしわを寄せて...
春 隣 初 め の 威 勢 オ ル ゴ ー ル Shining Disc / halfrain オルゴールが好きで、「月の砂漠」を探しているのだけれど、いまだに巡り会えない。はじめトントン拍子で、次第に緩やかになっていき、ぽつんぽつんと奏でるうちに寝てしまう。隣の箱には、大抵大事な物を入れる。わたしには、とっておきたい大事な物などないから、オルゴ...
花 殻 を 摘 め ば 幼 ( おさな ) は 花 を 摘 み... 咲き終わった花を摘むのは大事なこと。 丁寧に花殻を取ると、後の花の付きもよくなるし、寿命も延びる。 花殻を摘んでるとは思っていない幼子は、真似をしていちばん目立つ立派な花を摘み、褒めてもらいたいのだろう得意そうに満面の笑顔で、小さな手を広げて見せてくれる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください