曼 珠 沙 華 白 は 浄 土 へ な お 近 く

まんじゅしゃげ しろはじょうどに なおちかく

田の畦に並ぶ赤い曼珠沙華は、小さな花火の行列のようで美しいものです。

白はさみしい。

もともとヒガンバナと呼ばれ、秋の彼岸のころ咲くからか、あの世に通じる花のように言われます。

白はたいてい赤より少し大輪で、多くて4、5輪静かです。

この句も読まれています。

一 日 の 晴 れ で は 木 下 (こした) 湿 る ま ま... Droplets after rain / Takashi(aes256) あれだけ降ったあとだ。 気が早くて、もう布団を干してる家もあるけど、まだ早かろう。 土はじっくりと濡れ、浸み込み、川の流れも何も変わらない。 樹々は乾いているように見えるが、大樹の根元は、地面はおろか、木の皮も乾いてはいな...
草取りの 手を止め毛虫を 焼き始め... 樹にも薔薇にも、いっぱい毛虫がついているのを、草取りの途中で 発見した。 これはもう放っとけない。 みるみるうちに若い葉っぱを食い荒らす。 チャッカマンで焼いた。 おもしろかった。...
梅 雨 の 夢 昔 の 些 末 浮 か び 消 え... なぜか梅雨の頃はおかしな夢をみる。 リアルな場所で、けっこう変な状態にいつもなっている。 うれしいことは決してない。 目が覚めたとき、疲れている。 そして暫くは覚えている。 目が覚めた途端に忘れることも多いのだけど、この時期の夢だけはそうではない。 湿度が高いせいか。よくわからない。...
春の潮 白波蹴立て 迫り来る 春の有明海、干満の差が激しく、また絶好の 潮干狩り日和。 船が沖に出ると、見る見るうちに潮が引く。 一面の砂地。 恐ろしいのは満ちるとき。 遠い地平線から、白波がひたひたと、 さらにひたひたと、押し寄せてくるのです。 あっという間に船は、大海原に浮かんでいるのです。 もし乗り遅れたら、と思ってしまう...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください