曼 珠 沙 華 白 は 浄 土 へ な お 近 く

まんじゅしゃげ しろはじょうどに なおちかく

田の畦に並ぶ赤い曼珠沙華は、小さな花火の行列のようで美しいものです。

白はさみしい。

もともとヒガンバナと呼ばれ、秋の彼岸のころ咲くからか、あの世に通じる花のように言われます。

白はたいてい赤より少し大輪で、多くて4、5輪静かです。

この句も読まれています。

かやの間を ちらほらと行く 川端蛍... 蛍はこの世のものとは思えないうつくしさです。 花火や祭りとはちがう、わたしの大好きな景色です。
彦 星 や 今 宵 は 仕 事 と 言 ひ お い て... ひこぼしや こよいはしごとと いいおいて 一年に一回の逢瀬が、何年も続くなんて、人の世では、一部の変わった人を除いてあり得ないと思うのです。 一年は長い。 年もとる。 よそ見もする。...
立ち漕ぎ(こぎ)を 披露の歓声 ぶらんこの子... わたしは小さい頃から、大きくぶらんこを漕ぐことが苦手だった。 はじめはいいけど、だんだん高く上がると、一瞬たわむ感じになる、 それが恐いのです。 立ち漕ぎなんてとんでもない。 目線が高くなって、揺れを大きく感じるし。 世の中にはたくましい子どもが多いものだと思う。...
雄 を 喰 む 音 聴 き た し や 霜 夜 酒... オスをはむ おとききたしや しもよざけ カマキリは、枯れ枝のような色になると、メスがオスを食べます。 共喰いと言いますが、オスがメスを食べることはないとのことです。 必ずメスが、オスを食べるのです。 だからおもしろいといえば、とてもおもしろい。 肉が付いてないのですから、血も出ない。 決...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください