暮 れ て よ り 薄 目 の 木菟 ( ずく ) は 首 回 す

木の葉木菟、種類が違うのだろうか青葉木菟。
夜行性で、木の幹の穴や、野うさぎの掘った土穴を寝ぐらにするという。
夕刻もう遅くに通りかかった空き地の塀に居た。
驚いた。
耳は立っており、眼は瞑っているかに見えたが、薄目を開けていた。
通り過ぎると、ぎょっとするほど、首をこちらに回している。
ふくろうの仲間で、縁起がいいと、ブローチを買ったこともあるが、
実物は、思ったより大きくて、いかにも肉食という、生々しい印象だった。

この句も読まれています。

足湯にも おすそ分けなり 冬至の湯 柚子のお湯を、足浴にもおすそ分け。 風呂に入れない人も、湯気の中で入浴気分。 湯気に包まれて、しばし幸せ。...
リ ッ プ サ ー ビ ス せ ぬ と 決 め て 沈 黙 炎 暑 か な... 44/365 - 11229days / yamataka 余計な気を遣うのはやめようといつも 思うのだけれど、わたしは沈黙が苦手 で、ついひとことふたこと喜ばすよう なことを喋ってしまう。もうこんなヤ ツに気は遣わない。向こうが平気なの に、わたしがおろおろすることなどあ ろうか。時計の音が、じ...
リップサービス せずと決めたり 吾亦紅(われもこう)... ついつい雰囲気を読んで、和やかにできるよう気を使う癖がある。 人は皆そこに付け込む。 余計なことはいっさい言わないことにした。 どんよりしようが、張り詰めようが知ったことではない。 ただ黙々と自分の仕事を片付けるだけ。...
遠雷を 胸騒ぎに 重ねおり 遠くで鳴りひびく雷は、不気味です。 胸騒ぎのような音がします。 日ごろの心配事が、むくむくと広がってくるのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください