暮 れ て よ り 薄 目 の 木菟 ( ずく ) は 首 回 す

木の葉木菟、種類が違うのだろうか青葉木菟。
夜行性で、木の幹の穴や、野うさぎの掘った土穴を寝ぐらにするという。
夕刻もう遅くに通りかかった空き地の塀に居た。
驚いた。
耳は立っており、眼は瞑っているかに見えたが、薄目を開けていた。
通り過ぎると、ぎょっとするほど、首をこちらに回している。
ふくろうの仲間で、縁起がいいと、ブローチを買ったこともあるが、
実物は、思ったより大きくて、いかにも肉食という、生々しい印象だった。

この句も読まれています。

丸 亀 の 井 戸 に も 落 ち よ 花 の 屑... まるがめの いどにもおちよ はなのくず 丸亀城、香川県にある石垣 の美しい、そして日本一高い場所に井戸のある城です。 井戸造りは困難を極め、途方にくれた役人は、人柱を立てることを提案し、 ちょうどその辺りを売り歩きしていた豆腐屋に白羽の矢を立てたそうです。 そのせいか、それ以後雨の降る夜にな...
癩 の 家 闇 は 封 じ し 冬 の 雲 らいのいえ やみはふうじし ふゆのくも 国立療養所 菊池恵楓園 熊本県合志町。 全国最大規模のハンセン病療養所。 総面積18万坪。 創立100年をゆうに超える。 創設者は意外にもイギリス人ハンナ・リデル女史。 ハンセン病。 らい菌による感染。 感染力はきわめて弱いと。 95%の人...
お終いの 花まで看取る ほととぎす... わたしはほととぎすの花が大好きです。 咲いている季節も。 それが今終わろうとしている。 最後の花まで、しっかりみるつもりです。 そろそろ山茶花の季節です。 iPhoneからの投稿...
居るとこが ちがう気がして 春日傘(はるひがさ)... 汗ばむような暑い日が続く。五月晴れなんてさわやかなものでもない。仕事というのは、中に入ってみないとわからないことばかり。驚いたことに、一番永い人でも、一年に満たない。なんだろう。わたしは落ち着きたいのです。ここというところに骨を埋める覚悟で働きたいのです。でもなんかちがうのです。根性がないほうではな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください