暮 れ て よ り 薄 目 の 木菟 ( ずく ) は 首 回 す

木の葉木菟、種類が違うのだろうか青葉木菟。
夜行性で、木の幹の穴や、野うさぎの掘った土穴を寝ぐらにするという。
夕刻もう遅くに通りかかった空き地の塀に居た。
驚いた。
耳は立っており、眼は瞑っているかに見えたが、薄目を開けていた。
通り過ぎると、ぎょっとするほど、首をこちらに回している。
ふくろうの仲間で、縁起がいいと、ブローチを買ったこともあるが、
実物は、思ったより大きくて、いかにも肉食という、生々しい印象だった。

この句も読まれています。

簡 単 に 家 で 死 ぬ な ど 四 月 尽 かんたんに いえでしぬ など しがつじん 四月尽、春に吹くほこりっぽい不愉快な風。 家で死にたいとは、たしかに多くの人の願望です。 住み慣れた我が家で、温かい家族に囲まれて最後のときを迎えたい。 ご高齢の皆さんにお聞きすれば、ほとんどの方がそうおっしゃると思われます。 でも、ちょっと考えて...
七草を きざむ春の土の 匂いして 七草粥…雑草を食べる食感で、不味いと思いながら、何となく毎年作って、食べてしまう。 せりと、大根ぐらいが、野菜、他は草だけど、春の土の匂いがする。 庭は秋に草を取ったのに、もう新しい雑草があちこちに。 芽吹きはいつも確実。...
うつむいて クリスマスローズの 憂き顔よ... クリスマスローズという花をご存知ですか。 冬に咲く、名前ほど派手ではなく、 いつもうつむき加減に咲く、控えめな花です。 色も赤とか、黄色、紫などのはっきりした色ではなく、 なんともいえない薄い薄い色合いで、 わたしはとても気に入っています。...
ひ と と せ は 長 し 心 は 変 わ る 星 月 夜... ひととせは ながしこころは かわるほしずくよ 人の心は思いの外短い時間で変わる。 はっきりこれと言える言葉や態度で変わるだけではなく、時の流れの中で、鬱陶しさにへんげすることもある。 七夕なんて、さすが優雅なおとぎ話。 ひとは年々年をとる。 ふとした拍子に、シミや皺や白髪が目についてということもあ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください