暮 れ て よ り 薄 目 の 木菟 ( ずく ) は 首 回 す

木の葉木菟、種類が違うのだろうか青葉木菟。
夜行性で、木の幹の穴や、野うさぎの掘った土穴を寝ぐらにするという。
夕刻もう遅くに通りかかった空き地の塀に居た。
驚いた。
耳は立っており、眼は瞑っているかに見えたが、薄目を開けていた。
通り過ぎると、ぎょっとするほど、首をこちらに回している。
ふくろうの仲間で、縁起がいいと、ブローチを買ったこともあるが、
実物は、思ったより大きくて、いかにも肉食という、生々しい印象だった。

この句も読まれています。

あ り し 日 の 貴 方 に 黙 と う 花 の 夜... Jūgatsuzakura "十月桜" / ai3310X 同窓会の始め、亡くなったあの子に黙祷。 遠い遠い、桜の日、縁あって、同じ学校、同じクラスで、二年の月日を過ごした。 遠くにいると聞いていた。 元気にしてると思っていた。 静かで、穏やかで、いい人だった。 こんなうるさくて、人間の出来ていな...
橋脚に 凭れて(もたれて)土筆(つくし)の 袴(はかま)取り... 那珂川の堤防の端にすわって、春の 空気を吸ってみる。足下の土筆を手 すさびに取って、はかまを取ったり なずなの葉を少しずつ下にずらして 鈴のように振ったりした。逃げも隠 れもしない春が来た。...
終 電 に 冬 三 日 月 の つ い て く る... しゅうでんに ふゆみかづきの ついてくる 中秋の名月などとはちがい、冬の月は硬くて冷たい。 板金で作ったような月に、影のようにウサギがいる、そんな感じです。 道は適当に明るくて、月明かりを必要としているわけでもないのに、板金の月は離れず付いてきます。 今年ももうふた月が過ぎたと、そのたったふ...
置 き 屋 な る 色 気 纏 ひ て (まといて ) 京 紅 葉... Kamishichiken Maiko / Japanexperterna.se 芸者さんを派遣するところを置き屋というらしい。美しい、珠玉の芸妓が溢れるほど出入りするらしい。若い日の若尾文子みたいな人がいるのだろうか。そうでもないのか。映画の世界では、置き屋のお母さんは杉村春子だったり、新珠三千代...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください