暮れ行きて 藤紫の 春深し

春の宵はむらさき。ゆらりゆらりと日が落ちて、なんの花の香りかほのかに香る。大きな道路をちょっとはいった路地なんか歩くのがいい。下手すると、元の道に戻れなくてとんでもない目に遭うこともあるけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください