昼 顔 や 繁 殖 力 は ひ た 隠 し

ひるがおや はんしょくりょくは ひたかくし

朝顔に似た小さな薄紅色の花で、野原や道端、どこにでもあります。

地味です。

ツツジの植え込みに絡んでいるのを見ることも多いです。

見かけによらず、繁殖力旺盛で、たくましいのですが、花は可憐です。

ケッセルの小説 「 昼顔 」は、昼と夜で別の顔をもつオンナを描き、カトリーヌ・ドヌーヴ主演で映画化されました。

あの作品のタイトルが何で ヒルガオなのか。

あれを観たのはいつの頃だったか。

観終わってしばらくは、パリの屋根裏部屋で、退廃的な暮らしをしてみたい、なんて思ったりもしたものです。

朝のコーヒーはベッドで。

真っ白なシーツをぐるりと巻いて。

貧乏性なので、あの材質はモメンではなかろう、糊の効いたモノでは白い肌が擦れてしまうだろうとか、いったい誰が洗濯するのかとか、夢のない性分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください