春 雷 の ご と 閃 い た 飽 き ら れ た

しゅんらいの ごとひらめいた あきられた

ずいぶんとむかしのこと。
好きな人がいました。
好かれていると信じていました。
というより、信じきっていました。
このまま幸せが続くと思い込むあたり、やはり若かったのでしょう。

何かおかしい。
距離を感じる。
それでもまだ、こっちを向いていると自信をもっていた。
どんな鈍感でもわかる日が来ました。
雷に打たれたごとく、自分が振られたことに気がついた瞬間。
バカだよね。
それでも待ちました。
待ち続けて、とうとう隣の家の掃除機の音が、電話のベルに聞こえるまでにおかしくなりました。
この先は、今でも思い出したくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください